篠田英雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

篠田 英雄(しのだ ひでお、1897年1989年12月26日)は、日本の哲学者翻訳家

経歴[編集]

千葉県生まれ。東京帝国大学哲学科卒業。1934年ブルーノ・タウトと相識り、38年タウトの没後、日本に関する著書、日記の原稿をエリカ・タウト夫人から託され、その整理と翻訳に当たった。ほかカントクラウゼヴィッツ戦争論』など、現在でも読み継がれる訳業で知られる。『岩波西洋人名辞典』(岩波書店 1956)のいくつかの項目も執筆している。

著書[編集]

  • はたらく人のために 日高書房 1946
  • 菜根譚講話 一日一話 洪自誠(編)文一出版 1960、麗沢大学出版会 2008
  • 大乗起信論講説 文一出版 1973

翻訳[編集]

  • プレルーディエン 序曲 ヴィンデルバント 岩波書店 1927 
  • 範疇の体系に就て ヴインデルバント 哲学論叢 3 岩波書店 1928 
  • 天才 ブレンターノ 哲学論叢 8 岩波書店 1928 
  • 悪 詩的表現の対象としての ブレンターノ 哲学論叢 第12 岩波書店 1928 
  • 歴史と自然科学・道徳の原理に就て・聖 「プレルーディエン」より ヴィンデルバント 岩波文庫 1929
  • 芸術の分析 浜野修共訳 フロイド精神分析大系 第10 アルス 1933
  • 永遠の相下に 「プレルーディエン」より ヴィンデルバント 岩波文庫 1935
  • 天才・悪 ブレンターノ 岩波文庫 1936
  • カント著作集 第18 書簡集 岩波書店 1937
  • 日本美の再発見 建築学的考察 ブルーノ・タウト 岩波新書 1939 のち改版 
  • 一軍人の思想 ハンス・フォン・ゼークト 岩波新書 1940
  • 桂離宮 タウト(全集 第1卷) 育生社弘道閣 1942
  • 美術と工藝 タウト(全集 第3卷) 育生社弘道閣 1943
  • 日本雜記 タウト(全集 第2卷) 育生社弘道閣 1943 、新版・中公クラシックス 2008
  • 建築芸術論 ブルーノ・タウト 岩波書店 1948、復刊1976ほか
  • タウト著作集 第8 批判と随想 育生社 1948
  • タウト著作集 第6 日本の藝術 育生社 1949
  • 日本の家屋と生活 タウト 吉田鉄郎共訳 雄鶏社 1949、単独訳、岩波書店 1981ほか 
  • ニッポン ヨーロッパ人の眼で観た ブルーノ・タウト著作集 第1巻 春秋社 1950、新版2008
  • 日本の建築 ブルーノ・タウト著作集 第3巻 春秋社 1950、新版2008
  • 啓蒙とは何か カント 岩波文庫 1950
  • 日本 タウトの日記 1-5 岩波書店 1950-59、改版全3冊 1975
  • ブルーノ・タウト著作集 第4巻 建築・芸術・社会 春秋社 1951
  • 忘れられた日本 ブルーノ・タウト 創元文庫 1952、新版・中公文庫 2007 
  • 賢人ナータン レッシング 岩波文庫 1958
  • 道徳形而上学原論 カント 岩波文庫 1960
  • 純粋理性批判 カント 岩波文庫全3巻 1961-62
  • 判断力批判 カント 岩波文庫全2巻 1964
  • 戦争論 クラウゼヴィッツ 岩波文庫全3巻 1968
  • 啓蒙とは何か カント 岩波文庫 1974
  • タウト 建築とは何か 正・続 (SD選書)鹿島研究所出版会 1974-78
  • プロレゴメナ カント 岩波文庫 1977.10
  • 実践理性批判 カント 波多野精一・宮本和吉共訳 岩波文庫 改訳1979
  • 画帖桂離宮 ブルーノ・タウト 岩波書店(2冊組) 1981.3、復刻版 2004.11