篠原助市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
篠原助市
篠原助市

篠原 助市(しのはら すけいち、1876年明治9年)6月6日[1] - 1957年昭和32年)8月2日[1])は、日本教育学者文部官僚東京文理科大学教授文学博士

経歴[編集]

愛媛県に越智孫七の二男として生まれ、篠原亀吉の養子となった[2]1905年(明治38年)、東京高等師範学校を卒業し、福井県師範学校教諭となった[3]1916年大正5年)、京都帝国大学文科大学哲学科を卒業[3]大日本武徳会武道教師、東京高等師範学校教授、東北帝国大学教授を経て、1930年(昭和5年)に東京文理科大学教授兼東京高等師範学校教授となった[3]1934年(昭和9年)より、東京文理科大学教授に文部省督学官・教育調査部長を兼ね、1937年(昭和12年)より東京文理科大学教授専任となった[2]1941年(昭和16年)に退官[2]

著書[編集]

  • 『小学校管理法』(宝文館、1912年) - 小川正行・佐藤熊治郎と共著
  • 『批判的教育学の問題』(東京宝文館、1922年)
  • 『教育辞典』(宝文館、1922年)
  • 『新撰女子教育学 第二種』(東京宝文館、1924年)楢崎浅太郎と共著
  • 『教育学綱要』(東京宝文館、1926年)
  • 『理論的教育学』(教育研究会、1929年)
  • 『教育の本質と教育学』(教育研究会、1930年)
  • 『理科教授原論』(東洋図書、1936年)
  • 『教育断想 - 民族と教育其の他』(宝文館、1938年)
  • 『教育学』(岩波書店、1938年)
  • 『シュライエルマッヘル』(岩波書店、1939年)
  • 『教授原論 - 特に国民学校の授業』(岩波書店、1942年)
  • 『民主主義と教育の精神』(宝文館、1947年)
  • 『独逸教育思想史』(創元社、1947年)
  • 『新教育学概論』(富士書店、1948年)
  • 『家庭教育の話』(宝文館、1949年)
  • 『欧洲教育思想史』(創元社、1950年)
  • 『訓練原論』(宝文館、1950年)
  • 『哲学新講』(宝文館、1951年)
  • 『教育哲学』(富士書店、1951年)
  • 『教授原論 - 学習補導の原理と方法』(玉川大学出版部、1953年)
  • 『教育生活五十年』(相模書房出版部、1956年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 篠原助市著作集パンフレット (PDF)”. 学術出版会. 2016年12月25日閲覧。
  2. ^ a b c 人事興信録 1941.
  3. ^ a b c 人事興信録 1939.

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第12版(上)』 人事興信所、1939年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第13版(上)』 人事興信所、1941年