箸蔵寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
箸蔵寺
Hasikurazi øa.jpg
本殿(重要文化財)
所在地 徳島県三好市池田町州津字蔵谷1006
位置 北緯34度2分52.16秒東経133度50分27.46秒座標: 北緯34度2分52.16秒 東経133度50分27.46秒
山号 宝珠山
宗派 真言宗御室派
寺格 別格本山
本尊 金毘羅大権現
創建年 (伝)天長5年(828年
開基 (伝)空海(弘法大師)
正式名 宝珠山 箸蔵寺
札所等 四国別格二十霊場 第15番
四国三十六不動尊霊場 第4番
四国三十三観音霊場 第28番
阿波西国三十三カ所 第23番
金刀比羅宮奥院
文化財 本殿・護摩殿・方丈・薬師堂・鐘楼堂・天神社(国の重要文化財)
観音堂(県有形文化財)
公式HP こんぴら奥の院 箸蔵寺
法人番号 5480005005578 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

箸蔵寺(はしくらじ)は、徳島県三好市池田町州津に所在する真言宗御室派別格本山の寺院。箸蔵山(標高719.8m)から東南へ延びる尾根のピーク(標高633m)である宝珠山(ほうしゅざん)の南山腹にある。本尊は金毘羅大権現(歴代住職も見たことのない絶対秘仏)。

本尊真言:おん くびらや そわか

御詠歌:いその神 ふりにし世より 今もなほ 箸運ぶてふ ことの尊き

納経印「御影」:四国別格二十霊場第15番札所「開山 弘法大師」「同カラー版」、四国三十六不動霊場第4番札所「光網勝童子」、四国三十三観音霊場第28番札所「馬郎婦観音」、百八観音69番札所「花カード」、阿波西国三十三ヶ所第23番札所「馬頭観音」、奥院箸蔵山「本尊秘仏 金毘羅大権現」


概要[編集]

本坊から仁王門を臨む
あと278段を上れば本殿に

明治初年の神仏分離令以前、香川県仲多度郡琴平町にある金刀比羅宮がまだ松尾寺の管理だったころ同じ本尊という縁で交流があり当寺の方は、こんぴら奥の院と称した。そして、神社と寺院として交流が失われた今でもそのように云われており、神仏習合の風習を色濃く残す寺院である。そのため、本殿の参拝方法は拍手による参拝者と納経をする参拝者に分かれるが、どちらも問題はない。

山麓から方丈脇まで箸蔵山ロープウェイが通じているが、境内には階段が多く、金刀比羅宮が本宮まで785段あるにはわずかに及ばないものの、山門前より本殿まで769段ある。なお、方丈より本殿までは278段あるということで般若心経の文字が一文字づつ付けられ「般若心経昇経段」と名付けられている。 箸蔵山県立自然公園の中に位置し、桜や紅葉等の名所として有名であるが、それ以外に拝むことに真剣に取り組む密教寺院としての側面もある。開山以来、毎日朝夕(6:30と18:00)欠かさず金毘羅大権現のもと護摩殿で護摩祈祷が行われる。変わらず継続することが一番難しいことであるが成し遂げられている。また、赤ちゃんのお箸初め(お食い初め)の箸でも知られている。なお、毎年8月4日には箸供養で、柴灯大護摩や火渡りが行われる。また、節分の星供養は古来よりの伝統を守り、節の分かれ目を大切にして午前0時をまたいで行われる。深夜にもかかわらず多くの参拝者があり、全国より申し込まれた数千のお札、御守りが祈念されている。

歴史[編集]

伝承によれば平安時代前期の天長5年(828年四国巡錫中の空海(弘法大師)が、当地に霊気を感じ山上に登った。すると金毘羅大権現が現れ「を挙ぐる者、我誓ってこれを救はん」というお告げを空海に授けたという。そこで、空海は自ら金毘羅大権現の像を刻み堂宇を建立したことが当寺院の始まりと伝えられている。

江戸時代の寛文7年(1677年)と文政9年(1826年)の火災により伽藍の大半を焼失した。現在見られる建造物は概ね文政の火災以後、江戸時代末期に建立されたものである。

天狗の箸運び伝説:地元で語り継がれており、箸蔵山に棲む天狗が讃州金刀比羅宮のお祭りの時に使われた箸を当山に運び納めたという。[1]

伽藍[編集]

  • 山門(仁王門):山門の前に駐車スペースがあり、ここから本坊まで徒歩約0.5時間。
  • 桜の馬場、一の鳥居、太鼓橋、二の鳥居
  • 中門:方丈の前にある。
  • 方丈(本坊):正面玄関奥に漆黒の大師像(非公開)が鎮座。納経所や事務所がある。
護摩殿(重要文化財)
  • 護摩殿:拝殿・中殿・奥殿の三重構造で、中殿に護摩壇があり、向かって右に本尊を守護する赤不動、左に大黒天。奥殿に金毘羅大権現。1200年続くと云わる朝夕の護摩はここで行われる。堂に向って右前に2019年11月に「成りきり本尊展望壇」が設けられた。
  • 市川團十郎の灯籠:護摩殿前にある一対の灯籠。江戸時代末、七代目の團十郎であった市川海老蔵が寄進したもので、八代目團十郎を含む七人の息子の名前も刻まれている。
ぼけ封じ観音像
  • ぼけ封じ観音像:鋳造。四国三十三観音霊場および百八観音霊場の札所
鐘楼堂(重要文化財)
  • 鐘楼堂
  • 三の鳥居
  • 薬師堂
  • 天神社(祠):菅原道真を祀る。
  • 本殿:絶対秘仏本尊の金毘羅大権現、脇士は不動明王・深沙大将。ロウソクは本殿中の係の人に頼む、不在の時は遠慮する。
  • 観音堂:本殿の右奥にひっそりとある。本尊は馬頭観音で阿波西国三十三観音霊場の札所である。
大聖不動明王
  • 大聖不動明王(五大明王):石造。四国三十六不動霊場の札所
御影堂
  • 御影堂(大師堂):大師像が拝観できる。平成元年建築。古来よりの方丈の大師像の身代り仏。
ミニ四国八十八ヶ所
  • ミニ四国八十八ヶ所:御影堂の背後にあり江戸時代後期に造られた。納経所で満願証を200円でもらえる。
蔵谷の行場
  • 蔵谷の行場:山門より下の谷間にある。

高灯籠(標高405m)の手前に駐車して、48段上がると山門(仁王門)で、くぐって広い真っすぐの参道を行き大きな石の鳥居を通過し進むと赤い鞘橋があり、ここから214段上ると分岐で、右へ行くとスロープを含め50段で方丈(標高500m)へ、そのまま上がるとあと229段で方丈である。方丈の角に納経所があり正面に護摩殿、その右に金属製の四国観音霊場の観音像、奥に進み右の石段を55段上がると正面に鐘楼堂がある。その左には見上げるような石段がそびえている。51段上がると右に修行大師像が立ち薬師堂がある。左の脇道を斜めに上がると天神さんの祠がありスロープを含め83段で本殿の壇(標高545m)に至る。もとの厳しい石段をさらに172段上り切ると正面に本殿がある。本殿右に行くと手水舎がありその奥にひっそりと観音堂がある。本殿の左は大柴灯護摩が行われる広い馬場になっており山際に四国不動霊場の不動明王石像が立つ。その向こうに大師堂(御影堂)が見える。なお、ロープウェイ利用だと山麓駅(標高160m付近)から方丈の左に位置する山上駅までの高低差342mを4分で行くことができる。

文化財[編集]

重要文化財
  • 本殿 附 御本社再建寄進帳
江戸時代末期の建立と推定されている。手前から奥へ、外陣(げじん)・内陣・奥殿の3部分からなる複合建築で、外陣と奥殿は入母屋造、これらを繋ぐ内陣は前方を切妻造、後方を両下造(りょうさげづくり)とする。外陣と奥殿の屋根にはそれぞれ千鳥破風と軒唐破風を付す。屋根はすべて銅板葺き。傾斜地に建ち、土地の高低差を利用して外陣・内陣・奥殿の床高を変え、複雑な屋根構成を見せる。
  • 護摩殿
江戸時代末期、文久元年(1861年)頃の建立。外陣・内陣・奥殿の3部分からなる構成は本殿と似るが、本殿よりは規模が一回り小さい。奥殿の屋根を入母屋造でなく宝形(ほうぎょう)造りとする点と、屋根を桟瓦葺きとする点も本殿と異なっている。
  • 鐘楼堂
文久元年(1861年)頃の建立。
江戸時代末期、安政3年(1856年)頃の建立。
  • 薬師堂 附 厨子1棟
文久元年(1861年)頃の建立。
  • 天神社本殿
文久元年(1861年)頃の建立。

上記6棟は全て平成16年(2004年7月6日指定。[2]

国の登録有形文化財
  • 仁王門 - 二重門で明治13年(1880)築であるが、高知県から移築されたと推定[3]
  • 高灯籠 - 仁王門の前にある。
  • 中門 - 方丈の前にある。
  • 手水舎 - 本殿の前にある。

上記4棟は全て平成23年(2011年10月28日登録。[4]

徳島県指定有形文化財
  • 観音堂
江戸時代前期の建造。箸蔵寺の中では最も古い建造物である。平成17年(2005年)2月4日指定。

前後の札所[編集]

四国別格二十霊場
14 椿堂 -- (26.9Km) -- 15 箸蔵寺 -- (29.7Km) -- 16 萩原寺
四国三十六不動霊場
3番 最明寺 -- (33Km) -- 4番 箸蔵寺 -- (7Km) -- 5番 密厳寺

交通アクセス[編集]

鉄道
道路

周辺の霊場[編集]

  • 一升水
当寺大師堂裏から箸蔵山へ向かう途中にある。空海が讃岐から峰を越えて当地にやって来る時、のどが渇き杖を刺して湧かせたと云われ、年中、一升くらいの水が湧いていてどんな日照りでも枯れることがないそうな。

脚注[編集]

  1. ^ 「お不動さま巡拝四国三十六不動霊場」31ページ 2015年12月20日発行
  2. ^ 平成16年7月6日文部科学省告示第120号
  3. ^ 現地看板より
  4. ^ 平成23年10月28日文部科学省告示第153号

参考文献[編集]

  • 「新指定の文化財」『月刊文化財』490号、第一法規、2004
  • 徳島史学会編『新版 徳島県の歴史散歩』 山川出版社/刊 1995年 89ページ
  • 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』解説編 へんろみち保存協力会/刊 2007年(第7版)
  • 『こんぴら奥の院 箸蔵山』 現地配布パンフレット

外部リンク[編集]