箱根板橋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
箱根板橋駅
箱根板橋駅駅舎
箱根板橋駅駅舎
はこねいたばし
Hakone-Itabashi
OH 47 小田原 (1.7km)
(1.5km) 風祭 OH 49
所在地 神奈川県小田原市板橋150-2
駅番号 OH 48
所属事業者 箱根登山鉄道
所属路線 OH 鉄道線(箱根登山電車)
キロ程 1.7km(小田原起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線(うち1番線は不使用)
乗車人員
-統計年度-
1,259人/日(降車客含まず)
-2014年-
乗降人員
-統計年度-
2,514[1]人/日
-2014年-
開業年月日 1935年昭和10年)10月1日
備考 標高16m[2]
簡易PASMO改札機設置
テンプレートを表示
構内 (左側より、1・2・3番線)
構内 (左側より、1・2・3番線)
ホームと、かつて乗り入れていた箱根登山鉄道所属車両
ホームと、かつて乗り入れていた箱根登山鉄道所属車両
以前は三線軌条が使われていた
以前は三線軌条が使われていた

箱根板橋駅(はこねいたばしえき)は、神奈川県小田原市板橋にある、箱根登山鉄道鉄道線(箱根登山電車)のである。駅番号はOH 48

駅名に「箱根」を冠するが、箱根町に所在する駅ではない。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面と島式ホーム1面の計2面2線を有する地上駅。1番線は有効長が短いため、箱根登山鉄道所有車両専用ホーム[3]であったが、2006年平成18年)3月18日ダイヤ改正以降は使用されておらず、現在は閉鎖されている。そのため現在は島式ホームの1・2番線(元2・3番線)のみを使用、事実上1面2線となっている。

当駅では列車交換が行われ、特急ロマンスカー運転停車する。

なお、箱根登山鉄道の表示看板やパンフレットでは各駅の標高が示されており、かつては27mと表記されていたが、2013年の再調査で16mに訂正されている[2]

箱根板橋駅プラットホーム
番線 路線 方向 行先 備考
(かつて使われていた標準軌電車用ホームのため閉鎖)
1 OH 箱根登山電車 下り 箱根湯本強羅方面 強羅方面は箱根湯本乗り換え
2 上り 小田原新宿方面 新宿方面は小田原乗り換え

また、2006年3月18日までは、以下の番線であった

ホームの使用状況
番線 路線 方向 行先 備考
1・2 箱根登山電車 下り 箱根湯本強羅方面 1番線は箱根登山鉄道車両、2番線は小田急車両。
3 箱根登山電車 上り 小田原新宿方面 箱根登山鉄道車両・小田急車両ともに同じホーム。小田急車両への新宿方面への直通あり。

利用状況[編集]

近年の1日平均乗車人員推移は下記の通り。

年度 1日平均
乗車人員
1998年 1,488 [4]
1999年 1,473 [5]
2000年 1,451 [5]
2001年 1,369 [6]
2002年 1,266 [6]
2003年 1,346 [7]
2004年 1,377 [7]
2005年 1,365 [8]
2006年 1,386 [8]
2007年 1,399 [9]
2008年 1,387 [9]
2009年 1,380 [10]
2010年 1,313 [10]
2011年 1,246 [10]
2012年 1,251 [11]
2013年 1,248 [11]
2014年 1,259 [11]

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

駅前の国道上に「板橋」バス停があり、箱根登山バス伊豆箱根バスが発着している。箱根方面へは、すべてのバスが箱根湯本駅を経由する。

  • 箱根方面
    • 宮ノ下小涌園元箱根経由箱根町行(箱根登山) ※平日1本のみ芦の湯旧道経由
    • 宮ノ下・小涌園・元箱根経由関所跡・箱根町行(伊豆箱根)※1日1本のみ湯の花ホテルも経由
    • 宮ノ下・小涌園・元箱根経由箱根園行(伊豆箱根) ※1日2本のみ
    • 宮ノ下・小涌園・早雲山経由湖尻・箱根園行(伊豆箱根) ※昼間は大涌谷も経由
    • 宮ノ下・宮城野・仙石経由仙石案内所・桃源台・湖尻行(箱根登山)
    • 箱根旧道経由上畑宿行(箱根登山) ※1日1本のみ
  • 小田原方面
    • 小田原駅東口行(箱根登山・伊豆箱根)

隣の駅[編集]

箱根登山鉄道
OH 鉄道線(箱根登山電車)
各駅停車
小田原駅 (OH 47) - 箱根板橋駅 (OH 48) - 風祭駅 (OH 49)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 統計はこね(平成27年版)
  2. ^ a b 各駅における標高表示の修正について”. 箱根登山鉄道. 2013年11月30日閲覧。
  3. ^ もともとは箱根登山鉄道所有車両も2番線を使用していたが、小田急車と比較してホーム端と車体との間に間が開きすぎて乗降に危険を伴ったため、新たに1番線ホームが建設された。
  4. ^ 神奈川県県勢要覧(平成12年度)226ページ
  5. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成13年度)228ページ
  6. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成15年度)226ページ
  7. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成17年度)228ページ
  8. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成19年度)230ページ
  9. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成21年度)244ページ
  10. ^ a b c 小田原市統計要覧(平成25年度)112ページ
  11. ^ a b c 小田原市統計要覧(平成27年度)110ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]