箱根宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

箱根 宏(はこね ひろし、1919年7月5日 - 1987年10月6日)は、日本政治家実業家。第11・14・15代土浦市[1]

来歴[編集]

茨城県出身。旧制水戸高校を経て、1944年東京帝国大学経済学部卒業し、軍需省に入る。翌年海軍主計少尉となり、終戦を迎える。戦後の1950年、土浦土木建築工業代表取締役となり、1966年には社長となる。この間、土浦一高三高の講師も務めた。

1971年、土浦市長に初当選。企業誘致などを進めた。

1973年国民宿舎建設に絡む贈収賄事件で逮捕され、市長を辞任。その後、1981年に市長に返り咲いた。2期目は1985年開幕を控えた科学万博に向けインフラ整備を推進した。科学万博閉幕後の同年12月に三選。1987年10月6日、任期中に死去した。68歳没。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 市長の部屋>土浦市歴代市長 - 土浦市。2020年3月22日閲覧。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。
  • 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ、2005年。