箕面有料道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大阪圏都市圏自動車専用道路
(有料)
箕面有料道路
MINO TOLL ROAD
国道423号標識
箕面有料道路
国道423号バイパス
路線延長 7.2 km
開通年 2007年
起点 大阪府箕面市萱野
終点 大阪府箕面市下止々呂美
接続する
主な道路
記法
新御堂筋
Japanese National Route Sign 0423.svg国道423号
新名神高速道路(事業中)
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

箕面有料道路(みのおゆうりょうどうろ)は、箕面市内の、延長7.2kmの国道423号バイパスである。公式愛称は「箕面グリーンロード」。2007年5月30日開通。

概要[編集]

箕面グリーンロードトンネルの南口
箕面グリーンロードトンネルの北口(阪急バスより撮影)

大阪府道路公社により建設された地域高規格道路新御堂筋を北上すると新御堂筋終点の箕面市萱野でそのまま本道路につながっている。終点の下止々呂美では国道423号に接続するほか、建設中の新名神高速道路が開通した際には箕面インターチェンジが設置され、接続する計画。

道路の大部分は箕面トンネルで、萱野、大阪市内方面地上部分は平面交差(交差点)が3ヶ所ある。箕面トンネルは自動車専用道路で、トンネル利用の場合に有料となる。

完成4車線(片側2車線)の計画だが、トンネル部分は暫定2車線で開通、供用されている。萱野側の地上部およびトンネル出口は4車線で建設されているが、トンネル内は片側のトンネルのみでの対面通行となっている

路線データ[編集]

  • 起点 : 大阪府箕面市萱野
  • 終点 : 大阪府箕面市下止々呂美
  • 全長 : 7.2 km(開通時は6.8 km)
  • 規格 : 第1種第3級
  • 車線数 : 4車線(開通時は暫定2車線
  • 設計速度 : 80km/h(開通時は60km/h)
  • 通行料金 : 二輪車・軽自動車510円(360円)・普通車620円(410円)・中型車720円・大型車1030円・特大車1700円[1](括弧内は後述の社会実験による通行料金。ETC利用可)
  • 通行規制等 : 125cc以下のバイク、原付の通行は禁止。また、箕面トンネルの総延長が5,000mを超えるため、危険物積載車は通行不可。
  • 箕面グリーンロードトンネル南口 北緯34度50分13.90秒東経135度29分18.21秒

歴史[編集]

当初は2003年度内での完成予定だったが、2007年の完成となった。

年表[編集]

  • 1995年7月 - 都市計画決定
  • 1996年12月 - 地域高規格道路整備区間に指定
  • 1998年10月 - 着工
  • 2003年6月 - 箕面トンネル本坑貫通
  • 2007年5月30日 - 箕面トンネル供用開始

路線状況[編集]

建設の目的と批判[編集]

大阪府道路公社は、本道路の建設によって下止々呂美から新御堂筋までが従来の25分から8分に短縮されるほか、バイパス効果により周辺道路の混雑緩和が期待できるとしている[2]。しかし、大阪府道路公社が設定した4,910台の計画交通量[3]に対し、実際の1日平均の通行量は2009年4月で約3,640台、同5月で3,832台であり[4]、建設費の償還が危ぶまれると報道された[5]

また、2006年12月14日に毎日放送VOICE」が、建設中にトンネル内から出水があり、日本の滝百選にも選ばれた箕面滝上流部の地上河川の流量が同時期に減少したため「箕面滝が人工の滝になった」と報道したが、後年になって、番組が中立性を欠いており、客観的根拠のない誤報であったことが判明している。

社会実験の実施[編集]

交通量の低迷により、対策として2009年7月20日より二輪車軽自動車および普通車に対する料金割引を社会実験として導入している。当初は同年内とされたが順次延長され、2015年4月1日現在では2016年3月31日までとされている[6]。箕面有料道路社会実験協議会が2013年に実施した交通量調査や利用者アンケートによると、箕面森町の世帯数増加とともに全体の交通量は年々増加しており、うち料金割引を実施している車種の交通量は実施前と比較して70%増加し、全体でも計画交通量には達しているが料金割引の影響で計画収入には達していない。一方で、社会実験終了による利用回数減少の回答が70%と高いため、料金割引の継続による交通量増加により計画収入の実現が可能か今後も検証するとしている[7]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

路線バス[編集]

箕面森町と千里中央を結ぶ阪急バス

水と緑の健康都市(箕面森町)の開発に伴う大阪府の要請により[8]、箕面森町と千里中央駅の間で路線バス阪急バスが運行し[9]、両区間を約25分で結んでいる[10]。また、箕面バイパス北口交差点から国道423号を北上した豊能町に所在する北大阪ネオポリスからも千里中央駅まで路線バスが運行されているが本道路を経由しなかった[11]ものの2016年6月よりラッシュ時間帯のみ通行するようになった。豊能町が運行する東西バス[12]と箕面森町線の乗り継ぎによる本道路を経由した移動も可能で料金面も僅かながら有利であるため、豊能町の交通計画で強化する案も出されている[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 箕面有料道路(箕面グリーンロード)”. 大阪府道路公社. 2014年7月5日閲覧。
  2. ^ 大阪府道路公社「箕面有料道路」
  3. ^ 大阪府道路公社 経営改善方針 Nuvola-inspired File Icons for MediaWiki-fileicon-doc.png (DOC)”. 大阪府道路公社 (2013年6月1日). 2014年7月5日閲覧。
  4. ^ 産経新聞大阪版2009年7月9日夕刊
  5. ^ “産経新聞関西版”. 産経新聞. http://www.sankei-kansai.com/01_syakai/sya070408.htm 2012年2月11日閲覧。 [リンク切れ]
  6. ^ 箕面有料道路(箕面グリーンロード)料金割引社会実験について(平成27年4月10日更新)”. 大阪府 (2014年6月30日). 2015年4月27日閲覧。
  7. ^ 平成25年度箕面グリーンロード 社会実験の結果 (PDF)”. 箕面有料道路(箕面グリーンロード)社会実験協議会. 大阪府. 2014年7月5日閲覧。
  8. ^ 平成24年1月19日開催分意見概要”. 箕面市市民部市民サービス政策課. 2014年7月5日閲覧。
  9. ^ 運行系統図(箕面森町線)”. 阪急バス. 2014年7月5日閲覧。
  10. ^ アクセス”. 箕面森町. 2014年7月5日閲覧。
  11. ^ 運行系統図(伏尾台営業所・豊能営業所)”. 阪急バス. 2014年7月5日閲覧。
  12. ^ 豊能町東西バスご利用案内 (PDF)”. 豊能町. 2014年7月5日閲覧。
  13. ^ 平成23年第1回豊能町地域公共交通会議議事概要 (PDF)”. 豊能町. 2014年7月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]