箕子陵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
箕子陵

箕子陵(きしりょう)は、平壌牡丹台に存在していた

箕子中国殷王朝政治家紂王の叔父にあたる。箕国(現在の山西省晋中市太谷県)に封じられたので箕子と呼ばれていた。

その箕子は、伝説によると晩年は朝鮮半島に移住して箕子朝鮮を建国したといわれている。儒教を信奉する高麗以降の両班にとって、箕子は朝鮮を教化した偉人として顕彰されることになり、箕子朝鮮の首都だった平壌に箕子にまつわる遺跡が作られた。箕子陵もその一つであった。

高麗や李氏朝鮮時代は箕子信仰が盛んであったが、日本統治時代の前後の頃からは民族主義の高まりによって檀君に対する崇拝が興り、朝鮮の建国者としての地位は檀君にとって替わられ、建国の起源を古代中国に求める箕子信仰は次第に廃れていった。ただそれでも、当時の平壌府の景勝地として、多くの観光客が訪れた。

1959年北朝鮮政府は箕子陵を破壊し、その跡地は牡丹峰青年公園となった。

関連項目[編集]