出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(つつ)とは、細長い状の物体で、中心がくり抜かれているもの。類義語にパイプチューブなどがあるが、それぞれ指す対象が僅かに異なり、といった場合には通常、比較的剛性が高く、自由な変形はしないものをさす。

特徴[編集]

中空であり、その中を流体を通して運搬できる事から、各種の配管などに共通して見られる形状である。

力学的特性として、おなじ質量であれば中身のつまった棒よりも、曲げ圧縮に強くなるため、各種の構造部材として用いられる。飛行のために軽いほうが有利となる骨格なども筒状ので構成されている。

火器の「筒」[編集]

大砲等の火器銃砲身(バレル)をさして、筒という。また転じて銃や大砲そのものを筒と称する事もある(例:大砲の異名である大筒など)。

食器・茶器の筒[編集]

日本茶を入れる茶筒や仲間に薄茶器茶入がある。茶巾をしまう茶巾筒などがある。