筑紫山地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
筑紫山地
脊振山地の峰々
脊振山地
所在地 福岡県佐賀県長崎県
位置
最高峰 脊振山 (1,055m)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
筑紫山地周辺の地形図
筑紫山地周辺の地形図

筑紫山地(つくしさんち、ちくしさんち)は、おもに福岡県佐賀県長崎県にまたがって北東から南西方向に走る山地である。

概要[編集]

筑紫山地は地体構造上、西南日本内帯に位置し、中国山地の延長上にある。中国山地が連続した山地であるのに対し、この山地は筑豊盆地福岡平野筑紫平野などにより地塊に分断されている。

北東から本州と対峙する企救山地紫川の東側に位置する貫山地と西側に位置する福智山地、筑豊盆地と筑紫平野京都平野中津平野宇佐平野日田盆地安心院盆地などの間の英彦山地、筑豊盆地と福岡平野の間の三郡山地、筑後川の南の耳納山地、福岡県最高峰の釈迦岳などの「津江三山」が形成する津江山地(広義では耳納山地に含まれる)、福岡・佐賀両県境の脊振山地、佐賀県から長崎県にかけての肥前山地(国見山地)の総称である。これらの山地の多くは断層山地と考えられているが、まだ確認はされていない。地質は大部分が中生層、古生層、花崗岩類であるが、肥前山地では第三紀層上の厚さ約300メートルの玄武岩が台地を形成している。標高は大部分が1,000メートル前後であるが、東の企救山地は最高598メートル(足立山)、西の肥前山地は最高777メートル(国見山)である。企救山地から脊振山地にかけては標高約1,000メートル、500メートル、300メートルの3段の浸食平坦面が形成されており、3回の間欠的な土地隆起があったことを示している。肥前山地の玄武岩溶岩の基底面は第三紀層を切る浸食平たん面であり、その高度は東で最も高く標高400メートルを超えるが西では海面の高さまでくだる。玄武岩溶岩の厚さがほぼ一定しているために山地全体が西に傾いている。南の耳納山地は北に直線的で急な斜面を、南には緩やかな斜面をもっているため、形態的には典型的な傾動地塊となっている。

各山塊の周囲にはしばしば第三紀層の夾炭層が堆積しており、かつては筑豊炭田糟屋炭田唐津炭田北松炭田を形成していた。また貫山地には山口県秋吉台に続く石灰岩が分布し、典型的なカルスト台地である平尾台が位置しており、その周辺では香春岳などに多数のセメント工場が立地している。

筑紫山地に含まれる山地・山塊[編集]

関連項目[編集]