筑後柳河駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
筑後柳河駅
むつごろうランドに移設されたホーム上屋
むつごろうランドに移設されたホーム上屋
ちくごやながわ
Chikugo-Yanagawa
東大川 (2.9km)
(3.3km) 百町
所在地 福岡県山門郡三橋町大字柳河
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 佐賀線
キロ程 15.5km(佐賀起点)
電報略号 ヤワ
駅構造 地上駅
ホーム 島式1面2線
乗降人員
-統計年度-
238人/日
-1981年-
開業年月日 1931年(昭和6年)9月24日
廃止年月日 1987年(昭和62年)3月28日
テンプレートを表示

筑後柳河駅(ちくごやながわえき)は、かつて福岡県山門郡三橋町(現・柳川市)大字柳河に設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)佐賀線廃駅)である。佐賀線の廃止に伴い、1987年(昭和62年)3月28日に廃駅となった。

歴史[編集]

駅構造[編集]

廃止時は島式ホーム1面2線を有する業務委託駅で、急行ちくご」の停車駅であった。

駅跡[編集]

駅跡は公園に整備されており、記念碑などは建てられていないが、かつての駅舎があった付近に写真付きの説明板が設置されている。また、佐賀駅側には陸橋があり、当時は佐賀線を立体交差するため建設されたものの、現在としては無意味な橋となっている。また、当駅の屋根や線路が市営の運動公園「学童農園むつごろうランド」に移設されている。

駅跡の公園


停車場線[編集]

廃線・廃駅後も福岡県道733号筑後柳河停車場線が存在する。起点は国道208号交点(柳河小塚交差点、旧・国道385号起点)、県道23号と一部重複し、当駅跡が終点となる。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
佐賀線
東大川駅 - 筑後柳河駅 - 百町駅

関連項目[編集]