筑後川信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
筑後川信号場
信号場があった筑後川昇開橋
信号場があった筑後川昇開橋
ちくごがわ
Chikugogawa
諸富 (1.2km)
(0.3km) 筑後若津
所在地 福岡県大川市大字向島
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 佐賀線
キロ程 9.0km(佐賀起点)
電報略号 チカ
開業年月日 1936年(昭和11年)6月18日
廃止年月日 1987年(昭和62年)3月28日
テンプレートを表示

筑後川信号場(ちくごがわしんごうじょう)は、かつて福岡県大川市大字向島にあった、日本国有鉄道(国鉄)佐賀線信号場廃止)である。

歴史[編集]

構造[編集]

一般にある列車を行き違いさせるための施設ではなく、筑後川昇開橋の中央部にある可動式橋桁の昇降を制御するための施設である。係員は、福岡県側から渡って中央部に行き来していた。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
佐賀線
諸富駅 - 筑後川信号場 - 筑後若津駅

関連項目[編集]