筑川利希也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
筑川 利希也
Honda コーチ
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県相模原市
生年月日 (1982-07-17) 1982年7月17日(37歳)
身長
体重
175 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • Honda

筑川 利希也(ちくがわ りきや、1982年7月17日 - )は、Hondaに所属していた元社会人野球の選手(投手)である。右投げ左打ち。現在はHondaのコーチを務めている。

来歴・人物[編集]

神奈川県相模原市出身。小学校1年から「相南ジュニアーズ」で野球を始める。相模原市立東林中学校3年生の時に第19回全国中学校軟式野球大会にエースとして出場しベスト8。

東海大相模高校在籍の2000年第72回選抜高等学校野球大会でエースとしてマウンドを守り、優勝投手に。夏も優勝候補と目されながら、県予選で神奈川県立商工高等学校に敗戦。

高校卒業後は東海大学に進学。野球部では1年秋のリーグでベストナインと最優秀防御率のタイトルを獲得したが、その後肘を故障。右肘側副靭帯損傷と遊離軟骨神経脱臼という選手生命にかかわる大怪我だったことから手術とリハビリテーションに全治2年を費やし、大学卒業時のドラフトの指名から漏れた。首都大学リーグでは通算10試合登板し4勝1敗。

大学卒業後の2005年本田技研工業に入社。ホンダ野球部では2年目の翌2006年から公式戦に登板するようになったが、同年はドラフトの指名はなかった。その後も徐々に重要な試合でのマウンドを任されるようになってチームのエースに成長、2009年第80回都市対抗野球大会では4試合に登板して3勝し、最優秀選手賞(橋戸賞)を獲得した。しかしその後再び故障、同年の社会人野球日本選手権大会での登板はなかった。

その後も故障に苦しめられて登板機会は少ないまま推移し、2015年限りで現役を退くことが発表された。[1]

引退後はHondaに残り、コーチを務めている。

日本代表キャリア[編集]

なし(2009年第38回IBAFワールドカップ日本代表として発表されたが、故障のため辞退)

主な表彰・タイトル[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Honda硬式野球部HP2015年11月19日付