等エンタルピー定圧集団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
統計力学
Increasing disorder.svg


熱力学 · 気体分子運動論

等エンタルピー定圧集団(とうエンタルピーていあつしゅうだん、: Isoenthalpic-isobaric ensemble)は、一定のエンタルピーと印加される一定の圧力を保つ統計力学集団(アンサンブル)である。粒子の数も一定に保たれ、アンサンブルとも呼ばれる。1980年に物理学者のH. C. Andersenによって発表された[1]。このアンサンブルは全ての粒子の座標が関係のある系の可変容積を表わすもう一つの自由度を加える。容積によって与えられるポテンシャルエネルギー運動エネルギー変数となる。エンタルピー保存量である。

出典[編集]

  1. ^ Andersen, Hans C. (1980年). “Molecular dynamics simulations at constant pressure and/or temperature”. J. Chem. Phys. 72 (4): 2384–2393. doi:10.1063/1.439486.