第48普通科連隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第48普通科連隊
創設 2001年(平成13年)3月27日
廃止 2013年(平成25年)3月25日
再編成 2013年(平成25年)3月26日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位 連隊
兵科 普通科
兵種/任務/特性 コア部隊
所在地 群馬県 群馬郡榛東村
編成地 相馬原
上級単位 東部方面混成団
担当地域 群馬県
テンプレートを表示

第48普通科連隊(だいよんじゅうはちふつうかれんたい、JGSDF 48th Infantry Regiment)は、群馬県群馬郡榛東村相馬原駐屯地に駐屯する普通科連隊(軽:当時)として編成された。即応予備自衛官を主体として構成されるコア部隊でもある。主に訓練は相馬原演習場や関山演習場のほか、第12旅団管内の各駐屯地でも実施する。

沿革[編集]

  • 2000年(平成12年) 3月28日:第12師団司令部において編成準備隊が編組される。
  • 2001年(平成13年) 3月27日:第12旅団隷下部隊として編成完結。後方支援体制変換に伴い、整備部門を第12後方支援隊第2整備中隊へ移管。
  • 2013年(平成25年) 3月26日:第12旅団隷下から東部方面混成団隷下部隊に異動、第4中隊と重迫撃砲中隊を有する普通科連隊に改編。これに伴い、連隊長は1等陸佐(三)から(二)へ格上げ。整備部門は、第12後方支援隊第2整備中隊から、東部方面後方支援隊第303普通科直接支援中隊へ異動。

部隊編成[編集]

( )内は訓練時に出張する駐屯地である。

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
第48普通科連隊長 1等陸佐 髙根徳通 2018年07月02日 陸上自衛隊開発実験団本部総務科長
歴代の第48普通科連隊長
(1等陸佐)
氏名 在職期間 前職 後職
01 中久喜勉 2001年03月27日 - 2002年07月31日 第12師団司令部付 東部方面総監部総務部総務課長
02 吉村卓久 2002年08月01日 - 2005年03月22日 中部方面総監部総務部広報室長 空挺教育隊
03 麦田敬業 2005年03月23日 - 2007年03月22日 第2陸曹教育隊長 第101後方支援隊
04 飯盛謙一 2007年03月23日 - 2009年03月23日 北部方面総監部調査部資料課長 宇都宮駐屯地業務隊
05 山崎倫明 2009年03月24日 - 2011年07月31日 自衛隊体育学校第2教育課長 自衛隊体育学校付
06 小田章稔 2011年08月01日 - 2013年03月25日 第1師団司令部第4部長 陸上自衛隊幹部学校
07 近藤恒史 2013年03月26日 - 2015年03月22日 東北方面総監部法務官 西部方面総監部法務官
08 池田重則 2015年03月23日 - 2017年03月22日 中部方面総監部装備部後方運用課長 退職[1]
09 永吉健太郎 2017年03月23日 - 2018年06月25日 陸上自衛隊研究本部研究員 東部方面総監部付
10 髙根徳通 2018年07月02日 - 陸上自衛隊開発実験団本部総務科長

主要装備[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

防衛省人事発令”. 2015年3月23日閲覧。