第44軍 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第44軍
創設 1941年昭和16年)7月17日
(関東防衛軍)
再編成 1945年昭和20年)5月30日
(第44軍)
廃止 1945年(昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位
所在地 満州
通称号/略称 遠征
最終上級単位 第3方面軍
最終位置 満州 奉天
主な戦歴 第二次世界大戦
テンプレートを表示

第44軍(だいよんじゅうよんぐん)は、大日本帝国陸軍の一つ。

関東防衛軍(かんとうぼうえいぐん)は、大日本帝国陸軍の軍の一つ。

沿革[編集]

1941年(昭和16年)7月、関東防衛軍(かんとうぼうえいぐん)として編制され関東軍に編入、新京に配備された。隷下部隊は第1、第2、第3、第5、第9独立守備隊で、関東軍特種演習に基づく対ソ戦発動時に、満州の治安確保を行うことが任務とされた。

1945年(昭和20年)5月30日、第44軍に改編され、第3方面軍戦闘序列に編入、南満州に配備された。ソビエト連邦軍と交戦を行い、終戦を奉天で迎えた。

軍概要[編集]

第44軍[編集]

  • 通称号:遠征
  • 編成時期:1945年5月30日
  • 最終位置:奉天
  • 上級部隊:第3方面軍

歴代司令官[編集]

関東防衛軍司令官[編集]

第44軍司令官[編集]

  • 本郷義夫 中将:1945年5月30日 -

歴代参謀長[編集]

関東防衛軍参謀長[編集]

第44軍参謀長[編集]

  • 小畑信良 少将:1945年5月30日 –

最終司令部構成[編集]

  • 司令官:本郷義夫中将
  • 参謀長:小畑信良少将
  • 高級参謀:梅里助就中佐
  • 高級副官:岡野董中佐
  • 兵器部長:竹林熊雄大佐
  • 軍医部長:井原愛雄軍医大佐
  • 獣医部長:脇坂賢吉獣医大佐
  • 法務部長:池田武雄法務大佐

最終所属部隊[編集]

砲兵部隊
  • 野戦重砲兵第17連隊:本田森造大佐(最終位置:昌津)  
  • 野戦重砲兵第30連隊:西谷常吉大佐(最終位置:開原)            
  • 独立野砲兵第14大隊:境熊太郎少佐
  • 独立速射砲第29大隊
兵站部隊
  • 独立自動車第112大隊
  • 電信第31連隊:島義大佐    
  • 第47野戦道路隊
補給廠
  • 第19野戦兵器廠:今野喜久造大佐  
  • 第19野戦自動車廠:坂牛哲少佐  
  • 第19野戦貨物廠:松村弘之主計中佐

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。