第43回日本ラグビーフットボール選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第43回日本ラグビーフットボール選手権大会2006年2月4日から2006年2月26日まで近鉄花園ラグビー場及び秩父宮ラグビー場で行われた日本ラグビーフットボール選手権大会である。同点による両チーム優勝で東芝府中ブレイブルーパスが2年ぶり5回目の優勝を果たし、NECグリーンロケッツは2年連続3回目の優勝を果たした。

出場チーム[編集]

8チーム

結果[編集]

1回戦[編集]

2月4日(土)

秩父宮ラグビー場 第1試合

  • コカ・コーラウエストジャパン 12-7 関東学院大学

秩父宮ラグビー場 第2試合

  • 早稲田大学 47-7 タマリバクラブ

2回戦[編集]

2月12日(日)

秩父宮ラグビー場 第1試合

  • コカ・コーラウエストジャパン 14-64 NECグリーンロケッツ

秩父宮ラグビー場 第2試合

  • トヨタ自動車ヴェルブリッツ 24-28 早稲田大学[2]

準決勝[編集]

2月19日(日)

秩父宮ラグビー場

  • 東芝ブレイブルーパス 43-0 早稲田大学

近鉄花園ラグビー場

  • NECグリーンロケッツ 24-16 三洋電機ワイルドナイツ

決勝[編集]

2月26日(日)

秩父宮ラグビー場

  • 東芝ブレイブルーパス 6-6 NECグリーンロケッツ

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ 東芝府中がトップリーグ・マイクロソフトカップの両方で優勝したためトップリーグ2位の三洋電機がマイクロソフトカップ優勝枠に入った。
  2. ^ 日本選手権にトーナメント制導入後初めて大学チームがトップリーグのチームを破った。

外部リンク[編集]