第403飛行隊 (航空自衛隊)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第403飛行隊
JASDF C-2(68-1204) fly over at Miho Air Base May 28, 2017 01.jpg
第403飛行隊のC-2
創設 1978年3月31日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
所在地 鳥取県美保基地
編成地 鳥取県美保基地
通称号/略称 403SQ
上級単位 第3輸送航空隊
最終上級単位 航空支援集団
テンプレートを表示

第403飛行隊(だい403ひこうたい、JASDF 403rd Tactical Airlift Squadron)は、航空自衛隊航空支援集団第3輸送航空隊隷下の輸送機部隊である。美保基地に所属し、輸送機にC-2を運用する。

概要[編集]

第403飛行隊部隊マーク。因幡の白兎から、白兎とそれを救った大国主命をモチーフにデザインされている。

第403飛行隊の前身は、1961年(昭和36年)7月15日に、輸送航空団(現:航空支援集団)隷下に編成された教育飛行隊である。

教育飛行隊は1978年(昭和53年)3月31日に、第403飛行隊へ改編された。

部隊マークは、初代が青い丸に輸送航空団の略称「ATW」と「3」を白色で桜の花の形にデザインしたものとなっており、2代目が青い丸に第403飛行隊のコールサイン「コメット」に由来した、箒に乗って「3」をかたどった航跡を描いて飛ぶ魔女をデザインしたものになり、3代目の現行が因幡の白兎大国主命の神話がモチーフとなったデザインになっている[1][2]

沿革[編集]

歴代運用機[編集]

第403飛行隊で運用したYS-11P
第403飛行隊で運用したC-1

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ イカロス出版 自衛隊の名機シリーズ5 航空自衛隊T-4/C-1/E-767 34頁 「C-1を運用する部隊 美保基地第3輸送航空隊・第403飛行隊」
  2. ^ a b イカロス出版 JWing No.226 2017年6月号 2頁-5頁 「待望の国産大型輸送機 C-2、初配備!!」中井俊治
  3. ^ 航空支援集団 歴史 2017年10月28日閲覧
  4. ^ イカロス出版 JWing No.228 2017年8月号 6頁-7頁 「航空自衛隊YS-11Pラストフライト」中井俊治
  5. ^ a b 航空幕僚監部報道発表資料29.10.6 C-2による国外運航訓練の実施について
  6. ^ イカロス出版 JWing No.234 2018年2月号 12頁-13頁 「ドバイ・エアショー2017レポート」柿谷哲也
  7. ^ イカロス出版 JWing No.234 2018年2月号 86頁 「行くぞ!NEWSマン 自衛隊・国内NEWS」
  8. ^ 航空幕僚監部報道発表資料30.1.26 C-2による任務飛行の開始について 2018年1月31日閲覧
  9. ^ 航空自衛隊ニュースリリース2018年1月31日 C-2による任務飛行の開始について 2018年1月31日閲覧
  10. ^ 航空幕僚監部報道発表資料30.3.9 C-2による国外運航訓練の実施について 2018年4月21日閲覧
  11. ^ a b イカロス出版 Jwing No.238 2018年6月号 26頁-27頁 「C-1からC-2へ 第403飛行隊創設40周年記念行事」中井俊治

外部リンク[編集]