第4回アジア・フィルム・アワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第4回アジア・フィルム・アワードは、2009年3月22日に発表・授賞式が行われた。

ポン・ジュノ監督による韓国映画母なる証明』が作品賞を受賞。

概要[編集]

今回はアジア全域の10の国と地域から37作品が候補となった。 日本は9作品が13の候補を得た。作品別では、香港映画『孫文の義士団』(原題「十月圍城」)と韓国映画『母なる証明』がそれぞれ最多の7部門の候補となる。作品別の候補部門は#統計を参照。

候補の一覧[編集]

作品賞[編集]

監督賞[編集]

主演男優賞[編集]

主演女優賞[編集]

新人賞[編集]

助演男優賞[編集]

助演女優賞[編集]

脚本賞[編集]

撮影賞[編集]

美術賞[編集]

作曲賞[編集]

編集賞[編集]

視覚効果賞[編集]

衣装デザイン賞[編集]

統計[編集]

作品別の候補部門 ※英題のアルファベット順
作品名 部門 国・地域 候補数 受賞数
1 冬の小鳥 新人賞 韓国の旗 1
2 彼女が消えた浜辺 監督賞、脚本賞 イランの旗 2
3 ケンタとジュンとカヨちゃんの国 助演女優賞 日本の旗 1
4 Adrift 脚本賞、撮影賞、作曲賞 ベトナムの旗 3
5 空気人形 主演女優賞 日本の旗 1
6 心の魔 新人賞助演女優賞 マレーシアの旗香港の旗韓国の旗 2 2
7 孫文の義士団 作品賞、主演男優賞、新人賞、助演男優賞、美術賞、衣装デザイン賞 香港の旗中華人民共和国の旗 6 1
8 息もできない 助演女優賞 韓国の旗 1
9 南京!南京! 作品賞、監督賞撮影賞、音楽賞 中華人民共和国の旗 4 2
10 鬥牛 主演男優賞、助演女優賞 中華人民共和国の旗 2
11 爆走自転車 編集賞、視覚効果賞 中華人民共和国の旗 2
12 ディア・ドクター 助演男優賞 日本の旗 1
13 デリー6 新人賞 インドの旗 1
14 美術賞衣装デザイン賞 中華民国の旗 2 2
15 フィッシュストーリー 音楽賞 日本の旗 1
16 GOEMON 視覚効果賞、衣装デザイン賞 日本の旗 2
17 Karaoke 編集賞 マレーシアの旗 1 1
18 よく知りもしないくせに 脚本賞 韓国の旗 1
19 Lola 作品賞、監督賞、編集賞 フィリピンの旗 3
20 愛のむきだし 監督賞 日本の旗 1
21 母なる証明 作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞、脚本賞、編集賞 韓国の旗 6 3
22 あなたなしでは生きていけない 作品賞 中華民国の旗 1
23 盗聴犯〜死のインサイダー取引〜 編集賞 香港の旗 1
24 パレード 作品賞 日本の旗 1
25 涙王子 監督賞、新人賞 香港の旗中華民国の旗 2
26 Running Turtle 音楽賞 韓国の旗 1
27 しんぼる 主演男優賞 日本の旗 1
28 風聲 主演女優賞、助演男優賞、美術賞 中華人民共和国の旗 3
29 風雲 ストームウォリアーズ 視覚効果賞 香港の旗 1
30 The Sword With No Name 衣装デザイン賞 韓国の旗 1
31 ウォーリアー&ウルフ 助演男優賞、衣装デザイン賞 中華人民共和国の旗 2
32 渇き 主演男優賞、撮影賞、美術賞、視覚効果賞 韓国の旗 4 1
33 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を 撮影賞、音楽賞 香港の旗 2 1
34 ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜 主演男優賞、主演女優賞、助演女優賞 日本の旗 3
35 再生號 脚本賞 香港の旗 1
36 陽陽 主演女優賞、撮影賞 中華民国の旗 2
37 ヤッターマン 美術賞 日本の旗 1
アジア・フィルム・アワード
前回 (2009年度) 第4回アジア・フィルム・アワード
2010年度)
次回(2011年度)
第3回アジア・フィルム・アワード 第5回アジア・フィルム・アワード