第3回東京音楽祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第3回東京音楽祭(だいさんかいとうきょうおんがくさい、3rd Tokyo Music Festival)は、3回目の『東京音楽祭』である。1974年6月30日帝国劇場にて世界大会が開かれ、ルネ・シマール(カナダ)がグランプリに輝いた。

概要[編集]

世界大会を、セミファイナル、ファイナルに分割。

司会者[編集]

スペシャルゲスト[編集]

ゲスト

審査員[編集]

  • 服部良一(審査委員長)
  • 蘆原英了(音楽評論家)
  • 岡野弁(ミュージックラボ編集長)
  • ジョン・コリンズ(女優)
  • フランク・シナトラ(歌手/ゲスト審査員)
  • アウグスト・アウゲロ(FIDOF名誉会長)スペイン
  • ダニー・オドノヴァン(ダニーオドノヴァンエンタープライズ社長)イギリス
  • レイ・N・タナカ()ハワイ
  • デニス・クレーザー(テレビプロデューサー)フランス
  • サルヴァトーレ・T・キャンティア(MCAミュージック社長)アメリカ

世界大会エントリー セミファイナル[編集]

 海外参加21曲(出場順)国内4曲

曲順 エントリー歌手 参加楽曲 ファイナル
1 ティファニー
Tiffanie
「愛のテレフォン」
Et Ce Soir Tu Telephon
出場 フランス
2 サイモン&ベッティーナ
Simon Butterfly & Bettina Simon
「18-19-20」 出場 西ドイツ
3 チャリー・ジェームス
Charlie James
「詩が終るまで」
Ce Ca Ma Chanson
イギリス
4 ホアン・バウ
Juan Bau
「ソブレ・エル・ヴィエント」
Sobre el Viento
スペイン
5 メルビン・リード
Melveen Leed
「ユール・シー」
You'll See
アメリカ(ハワイ)
6 マリー・トラヴァース
Mary Travers
「ライト・オブ・ディ」
The Light Of Day
出場 アメリカ
7 ルネ・シマール
Rene Simard
ミドリ色の屋根
Non Ne Pleure Pas(泣かないで)
出場 カナダ
8 クリスティーナ
Cristina
(Krystyna Konarska)
「ワルシャワの星空
Varsovie
ポーランド
9 スリー・ディグリーズ
The Three Degrees
「天使のささやき」
When Will I See You Again
出場 アメリカ
10 カレル・ゴット
Karel Gott
「翔ける愛」
Let Give Love Place To Flourish
(Ať láska má kde kvést)
チェコスロバキア
11 ゴールド&シルバー
Gold & Silver
「アップ・オーバー・マイ・ヘッド」
Up Over My Head
(Up Above My Head)
出場 イギリス
12 アラン・オディ
Alan O'day
「ギフツ」
Gifts
アメリカ
13 フレダ・ペイン
Freda Payne
「イッツ・ユアーズ・トゥ・ハヴ」
It's Yours To Have
出場 アメリカ
14 ジルベール・モンターニュ
Gilbert Montagné
「オートゥール・ドゥ・ヌ」
Autour de Nous
フランス
15 スーザン・アントン
Susan Anton
「ラウンド・アンド・ラウンド」
Round And 'Round
アメリカ
16 ノエリータ
Noelita
「サベドリア」
Sabedoria
ブラジル
17 ギミックス
The Gimmicks
「オール・トゥギャザー・ナウ」
All Together Now
出場 スウェーデン
18 サーカス・バンド
Circus Band
「アレルヤ!世界救済」
Got To Save The World
フィリピン
19 パティ・キム
Patty Kim
「愛は永遠に」
Forever My Love
出場 韓国
20 ムスリム・マゴマエフ
Muslim Magomaev
Муслим Магомаев
「悪魔の車輪」
Chertovo Koleso
Чертово колесо
出場 ソビエト
21 パトリシア・ポーリン
Patricia Paulin
「愛のロマンス」
Je Suis Romantique
フランス

世界大会エントリー  ファイナル[編集]

 海外10曲+国内3曲(出場順)

曲順 エントリー歌手 参加楽曲 受賞
1 サイモン&ベッティーナ
Simon & Bettina
「18-19-20」 西ドイツ
2 五木ひろし 「別れの鐘の音」 銅賞
外国審査員団賞
日本
3 ギミックス
The Gimmicks
「オール・トゥギャザー・ナウ」
All Together Now
スウェーデン
4 布施明 「積木の部屋」 銀賞 日本
5 ゴールド&シルバー
Gold & Silver
「アップ・オーバー・マイ・ヘッド」 イギリス
6 ルネ・シマール
Rene Simard
ミドリ色の屋根
Non ne pleure pas(泣かないで)
グランプリ
フランク・シナトラ賞
カナダ
7 マリー・トラヴァース
Mary Travers
「ライト・オブ・ディ」
Sole che nasce sole che muore
アメリカ
8 ティファニー
Tiffanie
「愛のテレフォン」
Et ce soir tu telephon
フランス
9 ザ・ピーナッツ 「愛のゆくえ」 銀賞 日本
10 フレダ・ペイン
Freda Payne
「イッツ・ユアーズ・トゥ・ハヴ」 銅賞 アメリカ
11 スリー・ディグリーズ
The Three Degrees
「天使のささやき」
When Will I See You Again
金賞 アメリカ
12 パティ・キム
Patty Kim
「愛は永遠に」
Forever My Love
銅賞 韓国
13 ムスリム・マゴマエフ
Muslim Magomaev
「悪魔の車輪」
Chertovo Koleso
棄権 ソビエト
  • 2回大会同様、女性歌手が目立つ大会となった。
  • 「東欧のプレスリー」チェコの国民的大スター、カレル・ゴットの来日により、ヨーロッパからも多数の取材陣が押し寄せた。
  • サイモン&ベッティーナは、サイモン・バタフライと実妹ベッティーナ・サイモンのデュオ。

世界大会出場以外の国内大会参加アーティスト[編集]

国内大会 (ゴールデンカナリー賞選出大会)
国内新人大会 (シルバーカナリー賞選出大会)
他多数

関連項目[編集]