第3代総選挙 (大韓民国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第三代総選
Seoul Metropolitan Council1.JPG
植民地統治時代に京城府民館として建設され、1975年まで旧国会議事堂庁舎として使用された建物(現・ソウル特別市議会庁舎)。
各種表記
ハングル 제3대 총선
漢字 第三代總選
テンプレートを表示

第3代総選挙(だい3だいそうせんきょ)は、1954年5月20日に実施された第一共和国時代における大韓民国民議院の議員を選出するために行なわれた選挙である。なお、韓国では「第○回」ではなく「第○代」として数え、名称も「総選挙」(총선거)ではなく「総選」(총선)と呼ぶのが一般的である。

概要[編集]

1952年7月抜粋改憲を通じて大統領に当選した李承晩は、憲法の三選禁止規定を撤廃して、終身大統領になることを目論んでいた。そのため、この総選挙で、三選禁止規定を撤廃するための憲法改正を与党単独で行える議席数を国会で確保することが李大統領や彼の側近の最大の課題となったため、金権と暴力を使った大掛かりな不正選挙が行なわれた。なおこの選挙で、自由党や民主国民党は党中央による候補者の公薦制を導入したが、それまで候補者の「自称」のみであった候補者と党の関係を明確にすると共に、公薦過程で候補者を絞り込むことで自党の候補者の当選可能性を高める効果を狙ったものであった。

与党による不正選挙[編集]

三選禁止規定を撤廃するための憲法改正が出来る3分の2の議席数を確保するため、与党である自由党は大がかりな不正選挙を行った。巨額の選挙資金をかき集めて、有権者を買収するだけでなく、野党候補の登録を妨害[1]暴力団を雇って野党の演説会を襲撃、野党支持者の投票に必要な番号表不交付、幽霊投票[2]、代理投票、特定候補者(与党)に対する事前束票投入[3]、投票箱移送途中における投票箱や票の取替え等といった大掛かりな不正が続出し、総選挙後に提起された当選無効や選挙無効の訴訟は25件[4]も提起された。また官憲の選挙妨害も顕著で、自由党候補者が落選した場合には警察署長や査察係長が左遷される一方で、当選した場合には警察幹部への栄転、査察刑事への昇進が確約される、といったことが公然と行なわれた[4]

基礎データ[編集]

  • 大統領:李承晩(自由党)-1952年8月の大統領選挙で曺奉岩(無所属)に大差をつけて当選した。
  • 改選議席数:203議席
  • 議員任期:4年
  • 選挙制度完全小選挙区制
  • 選挙人数:8,446,509名
  • 立候補者数:1,207名[5]

選挙結果[編集]

投票日:1952年5月20日

  • 投票率:91.1%
総投票者数:7,698,390名
有効票総数:7,492,308票
第3代総選挙党派別議席と得票
党派 議席数 占有率 得票数 得票率
(%)
自由党 자유당 114[6] 56.2 2,756,081 36.8
無所属 무소속 67 33.0 3,591,597 47.9
民主国民党 민주국민당 15 7.4 593,499 7.9
国民会 국민회 3 1.5 192,109 2.6
大韓国民党 대한국민당 3 1.5 72,925 1.0
その他 1[7] 286,097 3.8
合計 203 7,492,308
  • 金浩鎮『韓国政治の研究』李健雨訳、三一書房、236頁の"<表8-2>第3・4代国会議員総選挙"を参考にして作成した。
  • 得票数は韓国中央選挙管理委員会の「歴代選挙情報システム」から引用

前回選挙では無所属当選者が多数派を占めたが、今回は与党・自由党が過半数を上回り第1党となり、無所属当選者はほぼ半減する結果となった。一方、韓国民主党の流れを汲む民主国民党は15議席に留まり、敗北した。

自由党は過半数を上回る議席は獲得したものの、議席占有率は56.2%に留まり、目標としていた3分の2(136議席)には届かなかった。そのため自由党は、猛烈な多数派工作を展開、無所属当選者34名を入党させ、6月9日の国会開院時には133議席を確保した[8]

当選議員[編集]

 自由党   民主国民党   大韓独立促成国民会   大韓国民党   制憲国会議員同志会   無所属 

ソウル特別市 鍾路区 尹潽善 鍾路区 金斗漢 中区 尹致暎 中区 鄭一亨 龍山区 南松鶴
龍山区 黄聖秀 城東区 任興淳 城東区 金載晃 東大門区 閔寛植 城北区 金一
西大門区 金度演 西大門区 李起鵬 麻浦区 金相敦 麻浦区 咸斗栄 永登浦区 尹在旭
永登浦区 李仁
京畿道 仁川市 金載坤 仁川市 郭尚勲 仁川市 表良文 水原市 鄭存秀 高陽郡 韓東錫
広州郡 申翼煕 楊州郡 金宗奎 楊州郡 姜昇求 抱川郡 尹珹淳 加平郡 呉衡根
楊平郡 千世基 驪州郡 金意俊 利川郡 金炳哲 龍仁郡 申義湜 安城郡 呉在泳
平沢郡 黄慶秀 華城郡 孫道心 華城郡 崔秉国 始興郡 李英燮 富川郡 張暻根
金浦郡 鄭濬 江華郡 尹一相 坡州郡 丁大天
江原道 春川市 洪滄燮 春城郡 林祐永 原州郡 咸在勲 江陵郡 崔容根 江陵郡 朴容益
洪川郡 李在鶴 横城郡 張錫潤 寧越郡 丁奎祥 平昌郡 李亨鎮 旌善郡 全相尭
三陟郡 金振晩 蔚珍郡 田万重
忠清北道 清州市 朴己云 清原郡 申正浩 清原郡 郭義栄 報恩郡 金善佑 沃川郡 申珏休
永同郡 崔淳周 鎮川郡 李忠煥 槐山郡 安東濬 陰城郡 李鶴林 忠州郡 金基喆
堤川郡 李泰鎔 丹陽郡 張英根
忠清南道 大田市 鄭相烈 大徳郡 宋宇範 燕岐郡 柳志元 公州郡 廉友良 公州郡 金達洙
論山郡 申泰権 論山郡 陸完国 扶余郡 李錫基 扶余郡 趙南寿 舒川郡 羅煕集
保寧郡 金永善 青陽郡 鄭明善 洪城郡 金知俊 礼山郡 成元慶 瑞山郡 羅昌憲
瑞山郡 柳順植 唐津郡 印泰植 牙山郡 洪淳徹 天安郡 韓煕錫
全羅北道 全州市 李哲承 群山市 金判述 裡里市 金春鎬 完州郡 李存華 完州郡 孫権培
鎮安郡 李福晟 錦山郡 柳珍山 茂朱郡 金相賢 長水郡 鄭準謨 任実郡 朴世俓
南原郡 梁瑛注 淳昌郡 林次周 井邑郡 金昌洙 井邑郡 金宅述 高敞郡 鄭世煥
高敞郡 慎鏞頊 扶安郡 申奎植 金堤郡 宋邦鏞 金堤郡 尹済述 沃溝郡 梁一東
益山郡 蘇宣奎 益山郡 姜世馨
全羅南道 光州市 鄭成太 木浦市 鄭重燮 麗水市 鄭在浣 順天市 尹亨南 光山郡 李政烋
光山郡 朴興奎 潭陽郡 朴永鍾 谷城郡 趙淳 求礼郡 李甲植 光陽郡 金正晧
麗川郡 金哲柱 昇州郡 李炯模 高興郡 孫文璟 高興郡 宋璟燮 宝城郡 金声福
和順郡 具興南 長興郡 孫錫斗 康津郡 金声浩 海南郡 金柄淳 海南郡 閔泳南
霊岩郡 金俊淵 務安郡 申幸用 務安郡 劉沃祐 羅州郡 崔栄哲 羅州郡 丁明燮
咸平郡 金義沢 霊光郡 曹泳珪 長城郡 辺鎮甲 莞島郡 金善太 珍島郡 曹秉雯
慶尚北道 大邱市 徐東辰 大邱市 趙炳玉 大邱市 李雨茁 浦項市 河泰煥 金泉市 文鍾斗
達城郡 曹在千 軍威郡 朴晩元 義城郡 朴永出 義城郡 朴永教 安東郡 権五鍾
安東郡 金翼基 青松郡 尹鎔球 英陽郡 朴鍾吉 盈徳郡 金元圭 迎日郡 朴順碩
迎日郡 金益魯 慶州郡 金喆 慶州郡 李協雨 永川郡 金相道 永川郡 権仲敦
慶山郡 朴海禎 清道郡 金普泳 高霊郡 金洪植 星州郡 都晋煕 漆谷郡 張沢相
金陵郡 金喆安 善山郡 金雨東 尚州郡 金達鎬 尚州郡 白南軾 聞慶郡 尹万石
醴泉郡 玄錫虎 栄州郡 李正煕 奉化郡 鄭文欽 鬱陵郡 崔秉権
慶尚南道 釜山市 金智泰 釜山市 銭鎮漢 釜山市 鄭基元 釜山市 金東郁 釜山市 李栄彦
馬山市 金鍾信 晋州市 徐寅洪 晋陽郡 黄南八 宜寧郡 李泳煕 咸安郡 趙瓊奎
昌寧郡 河乙春 密陽郡 金亨徳 密陽郡 曹万鍾 梁山郡 池栄璡 蔚山郡 金寿善
蔚山郡 鄭海永 東莱郡 金法麟 金海郡 朴在洪 金海郡 李鍾寿 昌原郡 金省三
昌原郡 李龍範 統営郡 崔天 統営郡 金泳三 固城郡 崔甲煥 泗川郡 鄭甲柱
南海郡 尹炳浩 河東郡 姜奉玉 山清郡 李炳洪 咸陽郡 金永祥 居昌郡 慎道晟
陜川郡 兪鳳淳 陜川郡 崔昌燮
済州道 北済州郡 金錫祜 北済州郡 金斗珍 南済州郡 康慶玉

補欠選挙[編集]

日付 選挙区 当選者 当選政党 欠員 欠員政党 欠員事由
1954 10.25 全羅北道鎮安郡 朴定根 自由党 李福晟 自由党 死去
1955 12.27 慶尚南道山清郡 安峻錡 自由党 李炳洪 無所属 死去
1956 8.23 京畿道広州郡 申河均 民主党 申翼煕 民主党 死去
10.1 忠清北道永同郡 孫俊鉉 自由党 崔淳周 自由党 死去
11.5 京畿道高陽郡 李成株 自由党 韓東錫 自由党 死去

脚注[編集]

  1. ^ 具体的には、1952年8月の大統領選挙で李承晩と争った曺奉岩は立候補に必要な書類を何者かに奪われ、立候補すら出来なかった。また、呉緯泳は立候補を辞退せざるを得なくなった。
  2. ^ 既に死亡した人や実際には存在しない人をあたかも存在するかのように投票用紙を発効して、これを利用して自由党関係者が不正に投票を行なった。
  3. ^ 窃盗や買収、脅迫などの手段を用いて投票前に大量の投票用紙を入手して、特定候補に一括記入して投票箱に入れることを指す。
  4. ^ a b 尹景徹著『分断後の韓国政治-1945~1986-』木鐸社、143頁の記述より。
  5. ^ 中央選擧管理委員會『大韓民國選擧史』(1964年)、404頁別表1「政黨・團體別立候補狀況」。なお「歴代選挙情報システム」では1,186名となっているが、おそらく登録無効や立候補辞退者などを除いた数字であると思われる。
  6. ^ 非公薦當選者15名を含めた議席数である(中央選擧管理委員會『大韓民國選擧史』(1964年)の405頁「政黨・團體別 當選狀況」解説)。
  7. ^ その他の1議席は制憲議会同志会제헌국회의원동지회)。
  8. ^ 自由党以外は、民国党15議席、無所属同志会31議席、無所属24議席。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]