第29回国民体育大会バレーボール競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第29回 国民体育大会バレーボール競技
開始年 1946
主催 日本体育協会
テンプレートを表示

第29回国民体育大会バレーボール競技(だい29かい こくみんたいいくたいかい バレーボールきょうぎ)は、1974年10月に茨城県で開催された第29回国民体育大会(水と緑のまごころ国体)のバレーボール競技大会である。

概要[編集]

No. 実施種目 参加チーム数 メイン会場 日程
1 一般男子 10 古河市立体育館他3か所 1974年10月21日 - 10月24日
2 教員男子 10
3 一般女子 16
4 高校男子 47
5 高校女子 10

すべて6人制である。 

一般男子[編集]

出場チーム[編集]

No. ブロック チーム名
1 北海道 新日鐵室蘭
2 東北 新日鐵釜石
3 関東 富士フイルム
4 北信越 日本電熱辰野
5 東海 東レ九鱗会
6 近畿 サントリー
7 中国 旭化成旭陽会
8 四国 帝人松山
9 九州 住友金属
10 開催地 茨城日立

1回戦[編集]

#101
東レ九鱗会 3 - 0
(15-11)
(15-7)
(15-6)
サントリー
#102
住友金属 3 - 0
(15-6)
(15-2)
(15-8)
新日鐵室蘭

準々決勝[編集]

#103
富士フイルム 3 - 1
(12-15)
(15-8)
(15-9)
(15-12)
東レ九鱗会
#104
帝人松山 3 - 0
(15-8)
(15-11)
(15-4)
新日鐵釜石
#105
茨城日立 3 - 1
(15-5)
(6-15)
(15-0)
(15-7)
日本電熱辰野
#106
旭化成旭陽会 3 - 0
(15-11)
(15-9)
(15-11)
住友金属

準決勝[編集]

#107
富士フイルム 3 - 0
(15-4)
(15-4)
(15-0)
帝人松山
#108
旭化成旭陽会 3 - 0
(15-13)
(15-9)
(15-7)
茨城日立

決勝[編集]

#109
富士フイルム 3 - 0
(15-12)
(15-5)
(15-12)
旭化成旭陽会

最終結果[編集]

順位. チーム名 ブロック
優勝 富士フイルム 関東
準優勝 旭化成旭陽会 中国
3 茨城日立 開催地
帝人松山 四国

旭化成は連覇ならず、富士フイルムが初優勝。

教員男子[編集]

出場チーム[編集]

No. ブロック チーム名
1 北海道 北海道教員
2 東北 山形教員
3 関東 千葉教員
4 北信越 金沢教員
5 東海 岐阜教員
6 近畿 兵庫教員
7 中国 広島教員
8 四国 高知教員
9 九州 鹿児島教師団
10 開催地 茨城教員

1回戦[編集]

#201
広島教員 3 - 0
(15-11)
(15-8)
(15-4)
北海道教員
#202
兵庫教員 3 - 0
(15-9)
(15-13)
(16-14)
鹿児島教師団

準々決勝[編集]

#203
広島教員 3 - 2
(12-15)
(15-8)
(6-15)
(15-10)
(17-15)
岐阜教員
#204
山形教員 3 - 2
(15-10)
(15-2)
(11-15)
(9-15)
(15-5)
金沢教員
#205
茨城教員 3 - 0
(15-1)
(15-2)
(15-1)
高知教員
#206
千葉教員 3 - 2
(15-12)
(16-14)
(14-16)
(7-15)
(15-10)
兵庫教員

準決勝[編集]

#207
山形教員 3 - 2
(15-12)
(4-15)
(11-15)
(15-10)
(15-9)
広島教員
#208
茨城教員 3 - 2
(3-15)
(12-15)
(15-13)
(15-11)
(15-3)
千葉教員

決勝[編集]

#209
茨城教員 3 - 1
(12-15)
(15-8)
(15-12)
(15-4)
山形教員

最終結果[編集]

順位. チーム名 ブロック
優勝 茨城教員 開催地
準優勝 山形教員 東北
3 千葉教員 関東
広島教員 中国

一般女子[編集]

出場チーム[編集]

No. ブロック チーム名
1 北海道 苫小牧クラブ
2 東北 日東紡富久山
3 関東 日立茂原
4 ソニー大崎
5 富士フイルム
6 北信越 石川繊維
7 東海 日本電装
8 鐘紡
9 近畿 東レ九鱗会
10 ユニチカ貝塚
11 電電神戸
12 中国 倉紡倉敷
13 四国 東レ愛媛
14 九州 久光製薬
15 トキハデパート
16 開催地 茨城日立

1回戦[編集]

#301
鐘紡 3 - 0
(15-9)
(15-0)
(15-10)
久光製薬
#302
日立茂原 3 - 0
(15-9)
(15-7)
(15-5)
石川繊維
#303
日東紡富久山 3 - 0
(15-2)
(15-5)
(15-9)
東レ愛媛
#304
ソニー大崎 3 - 2
(1-15)
(4-15)
(16-14)
(16-14)
(15-11)
倉紡倉敷
#305
ユニチカ貝塚 3 - 0
(15-6)
(15-4)
(15-8)
日本電装
#306
東レ九鱗会 3 - 0
(15-8)
(15-6)
(15-3)
苫小牧クラブ
#307
茨城日立 3 - 0
(15-8)
(15-4)
(15-6)
トキハデパート
#308
富士フイルム 3 - 0
(15-0)
(15-1)
(15-9)
電電神戸

準々決勝[編集]

#309
鐘紡 3 - 0
(15-6)
(15-9)
(15-3)
日立茂原
#310
ソニー大崎 3 - 0
(18-16)
(15-3)
(15-11)
日東紡富久山
#311
ユニチカ貝塚 3 - 0
(17-15)
(15-2)
(15-3)
東レ九鱗会
#312
富士フイルム 3 - 0
(15-3)
(15-4)
(15-8)
茨城日立

準決勝[編集]

#313
鐘紡 3 - 0
(16-14)
(15-3)
(15-4)
ソニー大崎
#314
富士フイルム 3 - 1
(15-12)
(15-4)
(8-15)
(15-7)
ユニチカ貝塚

決勝[編集]

#315
鐘紡 3 - 0
(15-9)
(15-13)
(15-2)
富士フイルム

最終結果[編集]

順位. チーム名 ブロック
優勝 鐘紡 東海
準優勝 富士フイルム 関東
3 ソニー大崎 関東
ユニチカ貝塚 近畿

鐘紡が6人制種目で初優勝。9人制種目を含めると、前身の鐘紡四日市が優勝した第9回国民体育大会以来20年ぶりの優勝。富士フイルムは男女アベック優勝ならず。

高校男子[編集]

出場チーム[編集]

No. ブロック チーム名 都道府県名
1 北海道 東海大四高 北海道
2 東北 弘前工業高校 青森県
3 一関修紅高校 岩手県
4 古川工業高校 宮城県
5 能代工業高校 秋田県
6 日大山形高校 山形県
7 磐城高校 福島県
8 関東 足利工大附高 栃木県
9 高崎商業高校 群馬県
10 熊谷高校 埼玉県
11 市立習志野高校 千葉県
12 中央大学附属高校 東京都
13 藤沢商業高校 神奈川県
14 峡南高校 山梨県
15 北信越 高田工業高校 新潟県
16 氷見高校 富山県
17 金沢松陵工業高校 石川県
18 福井高校 福井県
19 松商学園高校 長野県
20 東海 多治見工業高校 岐阜県
21 東海大一高 静岡県
22 中京高校 愛知県
23 松阪工業高校 三重県
24 近畿 近江高校 滋賀県
25 福知山高校 京都府
26 大阪商大附属高校 大阪府
27 琴丘高校 兵庫県
28 添上高校 奈良県
29 和歌山商業高校 和歌山県
30 中国 鳥取工業高校 鳥取県
31 松江工業高校 島根県
32 津山工業高校 岡山県
33 崇徳高校 広島県
34 宇部商業高校 山口県
35 四国 徳島商業高校 徳島県
36 坂出工業高校 香川県
37 新田高校 愛媛県
38 高知商業高校 高知県
39 九州 直方高校 福岡県
40 佐賀北高校 佐賀県
41 長崎北高校 長崎県
42 熊本工業高校 熊本県
43 中津北高校 大分県
44 都城工業高校 宮崎県
45 鹿児島商業高校 鹿児島県
46 前原高校 沖縄県
47 開催地 古河一高 茨城県

1回戦[編集]

#401
和歌山商 2 - 0
(15-6)
(15-2)
高田工
#402
中大附 2 - 0
(15-9)
(15-7)
日大山形
#403
習志野 2 - 1
(10-15)
(15-13)
(16-14)
津山工
#404
添上 2 - 0
(15-11)
(15-13)
松商学園
#405
佐賀北 2 - 0
(15-7)
(15-9)
一関修紅
#406
熊本工 2 - 0
(15-8)
(15-2)
氷見
#407
崇徳 2 - 0
(15-8)
(15-5)
能代工
#408
東海大一 2 - 0
(15-5)
(15-7)
磐城
#409
高崎商 2 - 0
(15-5)
(15-8)
都城工
#410
高知商 2 - 0
(15-10)
(15-9)
熊谷
#411
鳥取工 2 - 1
(13-15)
(15-13)
(15-8)
中京
#412
藤沢商 2 - 0
(15-6)
(15-5)
福井
#413
弘前工 2 - 1
(16-14)
(8-15)
(15-11)
松江工
#414
中津北 2 - 0
(15-2)
(15-9)
古川工
#415
前原 2 - 0
(15-3)
(15-4)
峡南

2回戦[編集]

#416
東海大四 2 - 0
(15-3)
(15-3)
和歌山商
#417
坂出工 2 - 0
(15-4)
(15-4)
宇部商
#418
中大附 2 - 1
(15-6)
(10-15)
(15-2)
徳島商
#419
習志野 2 - 0
(15-12)
(15-13)
足利工大附
#420
琴丘 2 - 0
(15-4)
(15-3)
添上
#421
佐賀北 2 - 0
(18-16)
(15-8)
長崎北
#422
熊本工 2 - 0
(15-8)
(15-7)
金沢松陵工
#423
崇徳 2 - 1
(5-15)
(15-7)
(15-9)
大商大附
#424
古河一 2 - 0
(15-12)
(15-6)
前原
#425
東海大一 2 - 0
(16-14)
(15-4)
福知山
#426
多治見工 2 - 1
(11-15)
(15-13)
(15-12)
高崎商
#427
松阪工 2 - 0
(16-14)
(15-6)
高知商
#428
鹿児島商 2 - 0
(15-4)
(15-9)
鳥取工
#429
藤沢商 2 - 0
(15-3)
(15-8)
新田
#430
近江 2 - 0
(16-14)
(15-10)
弘前工
#431
中津北 2 - 1
(15-10)
(10-15)
(15-6)
直方

3回戦[編集]

#432
東海大四 2 - 0
(15-6)
(15-4)
坂出工
#433
中大附 2 - 1
(12-15)
(15-11)
(15-8)
習志野
#434
琴丘 2 - 1
(15-8)
(9-15)
(16-14)
佐賀北
#435
崇徳 2 - 0
(15-4)
(15-7)
熊本工
#436
古河一 2 - 0
(15-7)
(15-3)
東海大一
#437
松阪工 2 - 1
(7-15)
(15-11)
(15-6)
多治見工
#438
藤沢商 2 - 0
(15-10)
(15-12)
鹿児島商
#439
中津北 2 - 0
(15-5)
(15-4)
近江

準々決勝[編集]

#440
東海大四 2 - 1
(10-15)
(15-5)
(15-9)
中大附
#441
崇徳 2 - 0
(15-10)
(15-4)
琴丘
#442
古河一 2 - 1
(12-15)
(15-13)
(15-6)
松阪工
#443
藤沢商 2 - 0
(16-14)
(15-10)
中津北

準決勝[編集]

#444
東海大四 2 - 0
(15-8)
(15-4)
崇徳
#445
藤沢商 2 - 0
(15-11)
(15-12)
古河一

決勝[編集]

#446
東海大四 2 - 0
(15-1)
(15-10)
藤沢商

最終結果[編集]

順位. チーム名 都道府県名
優勝 東海大四高 北海道
準優勝 藤沢商業高校 神奈川県
3 古河一高 茨城県(開催地)
崇徳高校 広島県

東海大四高は北海道勢として国体初優勝。

高校女子[編集]

出場チーム[編集]

No. ブロック チーム名
1 北海道 釧路星園高校
2 東北 大館桂高校
3 関東 八王子実践高校
4 北信越 諏訪二葉高校
5 東海 岡崎女子高校
6 近畿 四天王寺高校
7 中国 安来高校
8 四国 明善高校
9 九州 博多女子商業高校
10 開催地 水戸大成女子高校

1回戦[編集]

#501
博多女商 2 - 0
(15-7)
(15-3)
明善
#502
安来 2 - 0
(15-8)
(15-13)
諏訪二葉

準々決勝[編集]

#503
博多女商 2 - 1
(12-15)
(15-13)
(15-8)
八王子実践
#504
水戸大成女子 2 - 0
(15-2)
(15-5)
釧路星園
#505
四天王寺 2 - 0
(15-6)
(15-6)
大館桂
#506
安来 2 - 0
(15-5)
(15-8)
岡崎女子

準決勝[編集]

#507
博多女商 2 - 1
(15-13)
(8-15)
(15-5)
水戸大成女子
#508
四天王寺 2 - 0
(15-9)
(15-7)
安来

決勝[編集]

#509
博多女商 2 - 0
(15-5)
(15-3)
四天王寺

最終結果[編集]

順位. チーム名 ブロック
優勝 博多女子商業高校 九州
準優勝 四天王寺高校 近畿
3 水戸大成女子高校 開催地
安来高校 中国

博多女子商業は初優勝。昨年三冠の八王子実践は、今年も春高・インターハイを制し二年連続三冠が期待されたが、エース須藤を怪我で欠き準々決勝で姿を消した。

脚注[編集]

  • 本記事のマッチナンバーは編集の便宜上付番したものです。

参考文献[編集]

  • 月刊バレーボール 1974年12月号 178-179ページ 日本文化出版刊
  • 『国民体育大会五十年のあゆみ』 競技記録編212ページ 1998年3月20日 編集・発行:日本体育協会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]