第26回天皇杯全日本サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
復興第1回全日本サッカー選手権大会
開催国 日本の旗 日本
参加チーム数 2
優勝 東大LB
準優勝 神経大クラブ
試合総数 1
ゴール数 8 (1試合平均 8 点)
1940
1949
テンプレートを表示

この項目では復興第1回全日本サッカー選手権大会(ふっこうだい1かいぜんにほんさっかーせんしゅけんたいかい)として1946年5月5日東大御殿下球場で開催された大会について記載する。なお、本大会は天皇杯全日本サッカー選手権大会の第26回大会に当たる。

概要[編集]

関東8チーム、関西4チームで予選が行なわれ、その代表の2チームで決勝大会が開催された。

純粋に日本サッカー界の復活を記念する大会となったが、翌1947年から再び中止となり、次の大会は2年後の1949年第29回大会となる[1]

予選[編集]

関東予選[編集]

準々決勝 準決勝 決勝
                   
       
 東大LB 6
 マツダ 1  
 東大LB 3
   全慶大 2  
 全慶大 4
 浦和クラブ 1  
 東大LB 2
   全早大 0
 東京蹴球団  
 栃木師(棄権)    
 東京蹴球団 1
   全早大 6  
 全早大 2
 湘南クラブ 1  

関西予選[編集]

準決勝 決勝
           
   
 神経大クラブ 4
 湯浅蓄電 1  
 
 神経大クラブ 1
   学士クラブ 2
 
 学士クラブ 2
 関西学院大学 0  

※学士クラブが決勝戦を辞退したため、神経大クラブが関西代表となる。

決勝戦[編集]

出場チーム[編集]

  • 東大LB(2回目)
  • 神経大クラブ(初出場)

結果[編集]

決勝
   
1946年5月5日
 東大LB 6
 神経大クラブ 2

主な出場選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2002World.com 日本サッカーの歴史 - 全日本選手権の変遷1より

外部リンク[編集]