第22回イスラエル議会総選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第22回イスラエル議会総選挙
הבחירות הכלליות לכנסת ה -22
イスラエル
2019年4月 ←
2019年9月17日
→ 2020年

内閣 第4次ネタニヤフ内閣
選挙管理内閣
解散日 2019年5月30日
改選数 120
選挙制度 厳正拘束名簿式比例代表制
有権者 満21歳以上のイスラエル国民
有権者数 6,394,030
22nd Knesset 2.svg
選挙後の党派別勢力図

投票率 69.72%(増加 1.31%)
  第1党 第2党
  גנץ3.jpg Benjamin Netanyahu 2012.jpg
党首 ベニー・ガンツ ベンヤミン・
ネタニヤフ
政党 青と白 リクード
党首就任 2019年2月 2005年12月
前回選挙 35 35
選挙前議席 35 38
獲得議席 33 31
議席増減 減少 2 減少 7
得票数 1,148,700 1,111,535
得票率 25.93% 25.09%
得票率増減 減少 0.2% 減少 1.37%

選挙前首相

ベンヤミン・ネタニヤフ
選挙管理内閣

リクード

選出首相

ベンヤミン・ネタニヤフ
(選挙管理内閣)

リクード

第22回イスラエル議会総選挙(だい22かいイスラエルぎかいそうせんきょ、ヘブライ語הבחירות הכלליות לכנסת ה -22‎)は、2019年9月17日イスラエルで行われたクネセト議員の総選挙である。

2019年4月に施行された総選挙の結果、ベンヤミン・ネタニヤフ率いる右派与党リクードと、ベニー・ガンツ率いる中道連合「青と白」はいずれも35議席を獲得。青と白は左派勢力と協力しても過半数に達せず敗北を認め、一方の与党勢力はリクードと提携してきた右派・宗教小政党が内閣継続のカギを握っていた。

しかしながら、ユダヤ教超正統派への徴兵を巡って意見が対立し新内閣発足を断念、再選挙を実施することとなった。

概要[編集]

2019年4月に実施した総選挙後、大統領のルーベン・リブリンはネタニヤフに組閣を要請した。ネタニヤフは5月末までに組閣すべく右派・宗教政党を軸とした与党形成に取りかかった。しかし右派政党「イスラエル我が家」との交渉において、元国防相のアヴィグドール・リーベルマンは超正統派学生の兵役免除を撤廃する法案の成立を求め、超正統派政党は法案成立に反対していた。

また、ネタニヤフは左派・労働党や中道新党の「青と白」に政権参画への協議を要請するも、ネタニヤフへの汚職疑惑や閣僚の免責特権を付与する法案への反対から両党は政権参画を拒否した。

5月28日、内閣不成立に伴うクネセト解散法案を上程、第1読会を通過した。法案提出の意図は右派・宗教勢力へ期限内合意を迫るとともに、中道・左派勢力の結集と大統領の組閣要請を防ぐことであった。

5月29日夕方、内閣府は組閣交渉が不成立となったと公表。その日の夜から翌30日の朝にかけて解散法案は第2読会を通過、第3読会で賛成74、反対45、欠席1で成立した[注釈 1]

選挙データ[編集]

内閣[編集]

解散日[編集]

  • 2019年5月30日

投票日[編集]

  • 2019年9月17日

改選数[編集]

  • 120

選挙制度[編集]

得票率3.25%未満の政党には議席を配分しない阻止条項が規定されている[1]
投票方法
秘密投票、単記投票、1票制
選挙権
満18歳以上のイスラエル国民
被選挙権
満21歳以上のイスラエル国民[2]
登録有権者数
6,394,030

選挙運動[編集]

選挙結果[編集]

党派別獲得議席[編集]

e • d  イスラエルの旗 第22回イスラエル議会総選挙 (2019年9月17日施行)
政党/選挙連合 獲得
議席
増減 得票数 得票率
青と白 33 減少 2 1,148,700 25.93%
リクード 31 減少 7 1,111,535 25.09%
共同リスト 13 増加 3 470,611 10.62%
シャス 9 増加 1 329,834 7.44%
イスラエル我が家 8 増加 3 309,688 6.99%
ユダヤ・トーラ連合 8 増減なし 268,688 6.06%
ヤミナ 7 増加 1 260,339 5.88%
| 労働党・ゲシェル 6 増減なし 212,529 4.80%
民主連合 5 増加 1 192,261 4.34%
ユダヤの力 0 増減なし 83,266 1.88%
ツォメット 0 増減なし 14,817 0.33%
市民の団結 0 新党 5,905 0.13%
赤と白 0 増減なし 4,346 0.10%
正義 0 増減なし 3,039 0.07%
世俗的権利 0 増減なし 2,398 0.05%
尊重と平等 0 増減なし 1,544 0.03%
投票は私たちの権利 0 増減なし 1,471 0.03%
イスラエル海賊党 0 増減なし 1,251 0.03%
経済力 0 増減なし 1,215 0.03%
私のアカデミー 0 増減なし 1,079 0.02%
カーマ 0 増減なし 973 0.02%
新しい秩序 0 増減なし 928 0.02%
ノース 0 増減なし 733 0.02%
民主党 0 増減なし 732 0.02%
自由キリスト教運動 0 増減なし 610 0.01%
ダーム・緑の経済・一つの国家 0 増減なし 592 0.01%
人間の尊厳 0 増減なし 541 0.01%
聖書ブロック 0 増減なし 495 0.01%
社会平等のための全イスラエルの兄弟 0 増減なし 71 0.00%
ゼフート 0 増減なし 28 0.00%
総数 120 増減なし 4,430,566 100.0%
有効票数(有効率) - - 4,430,566 99.38%
無効票・白票数(無効率) - - 27,601 0.62%
投票者数(投票率) - - 4,458,167 69.72%
棄権者数(棄権率) - - 1,935,863 30.28%
有権者数 - - 6,394,030 100.0%
出典:CEC, Times of Israel

選挙後[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 反対:青と白(35票)、労働党(6票)、メレツ(4票)。欠席:ロイ・フォークマン(クラヌ)。

出典[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]