第2次ラッド内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第2次ラッド内閣(英語: Second Rudd Ministry)は、2013年6月26日にオーストラリア労働党党首に選出されたケビン・ラッドが率いるオーストラリアの政府である。

閣内大臣[編集]

氏名[1] 役職 備考
ケビン・ラッド
Kevin Rudd
下院議員
アンソニー・アルバニーズ
Anthony Albanese
下院議員
  • 副首相
  • インフラ・運輸大臣
  • ブロードバンド・通信・デジタル経済大臣
  • 下院院内総務
ペニー・ウォン
Penny Wong
上院議員
  • 財政・規制緩和大臣
  • 上院院内総務
クリス・ボーウェン
Chris Bowen
下院議員
  • 財務大臣
  • 金融サービス・老齢退職手当大臣
スティーブン・スミス
Stephen Smith
下院議員
ボブ・カー
Bob Carr
上院議員
  • 外務大臣
ビル・ショートン
Bill Shorten
下院議員
  • 労使関係大臣
  • 教育大臣
キム・カー
Kim Carr
上院議員
  • イノベーション・産業・科学研究大臣
  • 高等教育大臣
マーク・バトラー
Mark Butler
下院議員
  • 環境・遺産・水資源大臣
  • 気候変動大臣
ゲイリー・グレイ
Gary Gray
下院議員
  • 資源・エネルギー大臣
  • 観光大臣
  • 小規模企業大臣
マーク・ドレイフィス
Mark Dreyfus
下院議員
  • 司法長官
  • 非常事態管理大臣
  • 特別国務大臣
  • 公共事業・清廉大臣
ジョエル・フィツギッボン
Joel Fitzgibbon
下院議員
  • 農業・水産・林業大臣
タニヤ・プリバセック
Tanya Plibersek
下院議員
  • 保健・医療研究大臣
ジェニー・マックリン
Jenny Macklin
下院議員
  • 家族・社会奉仕活動・先住民大臣
  • 障害者改革大臣
ジャシンタ・コリンズ
Jacinta Collins
上院議員
  • 精神衛生・高齢者大臣
  • 上院与党幹事長
  • 上院院内副総務
ブレンダン・オコナー
Brendan O'Connor
下院議員
  • 雇用大臣
  • 技能・トレーニング大臣
トニー・バーク
Tony Burke
下院議員
  • 芸術大臣
  • 移民・多文化問題・市民権大臣
  • 執行評議会副議長
リチャード・マールズ
Richard Marles
下院議員
  • 貿易大臣
ジュリー・コリンズ
Julie Collins
下院議員
  • 住宅・ホームレス大臣
  • 地域サービス大臣
  • 女性の地位大臣
  • 先住民雇用・経済開発大臣
キャサリン・キング
Catherine King
下院議員
  • 地域開発・地方行政大臣

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
第2次ギラード内閣
オーストラリアの旗 内閣
2013年
次代:
第1次アボット内閣