第2回天皇杯全日本サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第2回ア式蹴球全国優勝大会(だい2かいアしきしゅうきゅうぜんこくゆうしょうたいかい)は、1922年(大正11年)11月25日26日豊島師範グラウンドで開かれたア式蹴球全国優勝大会である[1]。優勝は名古屋蹴球団(初)

概要[編集]

  • 予選は関東北、名古屋、大阪、広島の4地区に分けて行われ[1]、それぞれの地区代表1チームが全国大会に出場した[1]。会場は豊島師範グラウンドに移された。
  • 本大会は翌1923年(大正12年)に大阪で開催される第6回極東選手権競技大会と結び付けられて極東選手権競技大会サッカー競技の予選を兼ねて行われた[1]極東選手権出場はすんなり本大会優勝の名古屋蹴球団ではなく[1]、名古屋蹴球団に挑戦が許されることになり[1]、本大会に出場していない前年度優勝チーム・東京蹴球団と大阪サッカークラブの申し込みがあり[1]、両チームは1923年1月に対戦し大阪サッカークラブが勝ち、引き続き大阪サッカークラブと名古屋蹴球団が対戦して大阪サッカークラブが勝ち、極東選手権代表は大阪サッカークラブになった[1]。大阪サッカークラブは極東選手権出場にあたり、陣容を充実させるため広島から清水直右衛門、東京から清水隆三を補強している[1]

出場チーム[編集]

試合[編集]

準決勝[編集]

  • 名古屋蹴球団 2-1 延長 大阪サッカークラブ
  • 広島高師 3-1 アストラ倶楽部

決勝戦[編集]

  • 名古屋蹴球団 1 - 0 広島高師

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 山田午郎 『蹴球のコーチと練習の秘訣』 目黒書店、1932年、21-22頁。