第14回東京国際映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第14回東京国際映画祭
オープニング シュレック
クロージング アトランティス/失われた帝国
会場 日本の旗 日本 東京渋谷
創設 1985年
受賞 『スローガン』
賞名 東京グランプリ
主催者 財団法人東京国際映像文化振興会(第14回東京国際映画祭組織委員会)
期間 2001年10月27日 - 11月4日

第14回東京国際映画祭は、2001年10月27日)から11月4日)の9日間に開催された東京国際映画祭

概要[編集]

東京渋谷で開催された。会場には、オーチャードホールシアターコクーンル・シネマ1、2(以上Bunkamura内)、渋谷ジョイシネマ(現・渋谷HUMAXシネマ)、渋東シネタワー3が使われた。

この第14回から指定席が導入された。ただし、全席自由席での上映がほとんどで、シアターコクーンでの上映のみ全席指定席。オーチャードホールでの上映のうち、特別招待作品のみ一部の席が指定席だった(オープニング作品とクロージング作品は全席自由席)[1]

協賛企画には「東京国際ファンタスティック映画祭2001」、「東京国際女性映画祭」、「ディズニー映画祭 −ウォルト・ディズニー生誕100周年記念−」、「ウォルト・ディズニー“センティニアル・ギャラリー”」、「コリアン・シネマ・ウィーク」が開催された。現在も続く「コリアン・シネマ・ウィーク」はこれが初開催であった。

受賞結果[編集]

コンペティション
アジア映画賞

審査員[編集]

コンペティション[編集]

アジア映画賞[編集]

上映作品[編集]

コンペティション[編集]

上映題
(劇場公開題・DVD題)
英語題 監督 備考
月の光の下に Under the Moonlight レザ・ミル=キャリミ 審査員特別賞 受賞
最優秀監督賞 受賞
The Chimp(原題)
(旅立ちの汽笛)
The Chimp アクタン・アヴディカリコフ
スローガン Slogans ジェルジ・ジュヴァニ 東京グランプリ 受賞
最優秀監督賞 受賞
最優秀主演女優賞 受賞
ゴール・クラブ Goal Club ギッティゴーン・ライウシリゴン
ワンダー・ボーイ Malunde ステファニー・サイコルト
アナム Anam ブケット・アラクシュ
反抗 The Rebel ジモン・エビー
羊のうた The Lament Of a Lamb 花堂純次
O[オー] O ティム・ブレイク・ネルソン
週末の出来事 Weekend Plot チャン・ミン
殺し屋の掟 Mr In-Between ポール・サロッシー 最優秀主演男優賞 受賞
ヒューマンネイチュア Human Nature ミシェル・ゴンドリー
化粧師 KEWAISHI KEWAISHI 田中光敏 最優秀脚本賞 受賞
春の日は過ぎゆく One Fine Spring Day ホ・ジノ 最優秀芸術貢献賞 受賞

特別招待作品[編集]

上映題
(劇場公開題・DVD題)
英語題 監督 備考
遊園驚夢
(華の愛 遊園驚夢)
Peony Pavilion ヨンファン楊凡
ノー・マンズ・ランド No Man's Land ダニス・タノヴィッチ
耳に残るは君の歌声 The Man Who Cried サリー・ポッター
アトランティス/失われた帝国 Atlantis:The Lost Empire ゲイリー・トゥルースデイル
カーク・ワイズ
クロージング作品
ラッキー・ブレイク Lucky Break ピーター・カッタネオ
カタクリ家の幸福 Miike Takashi's The Happiness of the Katakuris 三池崇史
ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃 Godzilla, Mothra and King Ghidorah : Giant Monsters All-Out Attack 金子修介
冷静と情熱のあいだ Twixt Calm & Passion 中江功
千年の恋 ひかる源氏物語 Genji–A Thousand Year Love 堀川とんこう
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ Hedwig And The Angry Inch ジョン・キャメロン・ミッチェル
シュレック Shrek アンドリュー・アダムソン
ヴィッキー・ジェンソン
オープニング作品
ヴィドック vidocq ピトフ
ダスト Dust ミルチョ・マンチェフスキー
助太刀屋助六 Vengeance is Such a Great Business 岡本喜八
アザーズ The Others アレハンドロ・アメナーバル
地獄の黙示録・特別完全版 Apocalypse Now Redux フランシス・フォード・コッポラ
レイン Bangkok Dangerous オキサイド・パン
ダニー・パン

特別上映[編集]

上映題 英語題 監督 備考
ローラーボール Rollerball ノーマン・ジュイソン 1975年の作品
魚影の群れ The Catch 相米慎二

シネマプリズム[編集]

シネマプリズム[編集]

上映題
(劇場公開題・DVD題)
英語題 監督 備考
ティアーズ Tears イム・サンス林常樹
ドッグズ・デイ A Dog's Day ムラリ・ナイール
バタフライ Nabi(The Butterfly) ムン・スンウク文勝旭
ふたつの時、ふたりの時間 What Time is it There? ツァイ・ミンリャン
マイ・ムーン This is My Moon アソカ・ハンダガマ アジア映画賞スペシャル・メンション 受賞
痩身男女
(ダイエット・ラブ)
Love on a Diet ジョニー・トー
ワイ・カーファイ
ラシュミア谷の人々–この二十年 Wadi Grand Canyon 1981-1991-2001 アモス・ギタイ
ニルスのふしぎな旅 The Wonderful Adventure of Nils 鳥海永行
韓国短編集 Korean Short Films キム・ヨンナム「君の下へ飛んでいけるけど、君は…」
クォン・イルスン「かくれんぼ」
ナム・ヒョンミ「しみ」
イ・セリョン「ツァー・パパ」
パク・ヘミン「月は沈み、雨は降る」
クォン・ギョンウォン「21世紀教師」
トゥー・ヤング/城市飛行 Too Young/Bird Land ホァン・ミンチェン

押井守レトロスペクティヴ 〜Oshii Style[編集]

上映題 英語題 監督 備考
うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー Urusei Yatsura 2 Beautiful Dreamer 押井守
天使のたまご Tenshi no Tamago 押井守
紅い眼鏡 The Red Spectacles 押井守
トワイライトQ/迷宮物件FILE538 Twilight Q/The Labyrinth Files#538 押井守
機動警察パトレイバー 劇場版 Mobile Police Patlabor: The Movie 押井守
御先祖様万々歳! Gosenzo-sama Banbanzai! 押井守
ケルベロス 地獄の番犬 Stray Dog 押井守
Talking Head トーキング・ヘッド Talking Head 押井守
機動警察パトレイバー2 the Movie Mobile Police Patlabor 2: The Movie 押井守
GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL 押井守
人狼 JIN-ROH JIN-ROH 押井守
ミニパト・第2話「あゝ栄光の98式AV!」 Mini Pato 2:Ah,Eiko no 98 shiki AV! 押井守

ニッポン・シネマ・クラシック[編集]

上映題 英語題 監督 備考
歌ふ狸御殿 Utau Tanuki Goten 木村恵吾
わが愛 When a Woman Loves 五所平之助
夫婦善哉 Love is Shared Like Sweets 豊田四郎
美徳のよろめき The Flesh is Weak 中平康
お遊さま Miss Oyu 溝口健二
宮本武蔵 Miyamoto Musashi 稲垣浩
洲崎パラダイス 赤信号 Suzaki Paradise-Red Signal- 川島雄三

ニッポン・シネマ・ナウ[編集]

上映題
(劇場公開題・DVD題)
英語題 監督 備考
エコーズ echoes echoes 船橋淳
とらばいゆ A Woman's Work 大谷健太郎
荒ぶる魂たち Agitator 三池崇史
火星のカノン Canon on Tuesday(working title) 風間志織 アジア映画賞 受賞
害虫 Harmful Insect 塩田明彦
光の雨 Rain of Light 高橋伴明
花子 Hanako 佐藤真
ねこぢる草/ねこぢる劇場 Nekojiru-so 佐藤竜雄

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ チケット情報” (日本語). 東京国際映画祭. 2013年10月25日閲覧。

外部リンク[編集]