第11航空・防空軍 (ロシア航空宇宙軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロシア航空宇宙軍
Воздушно-Космические Силы Российской Федерации
Medium emblem of the Военно-воздушные силы Российской Федерации.svg
Flag of the Air Force of the Russian Federation.svg
国防省
主要部隊
航空宇宙軍総司令部
第6航空・防空軍
第14航空・防空軍
第11航空・防空軍
第4航空・防空軍
第?航空・防空軍
遠距離航空コマンド
軍事輸送航空コマンド
防空・ミサイル防衛部隊
宇宙部隊
歴史・伝統
ロシア航空宇宙軍の歴史
ロシア航空宇宙軍の軍服
その他
階級
装備品一覧

第11航空・防空軍(だい11こうくう・ぼうくうぐん、ロシア語:11-я армия ВВС и ПВО)は、ロシア航空宇宙軍総司令部隷下の5個の航空軍の内の1つ。管轄域は東部軍管区と同じくし、東部軍管区作戦・戦略司令部(OSK)の指揮下に入り、統合作戦を実施する。その前身は、第11航空軍である。司令部はハバロフスクに所在する。

  第11航空・防空軍の管轄域

沿革[編集]

  • 1998年6月1日:ロシア空軍とロシア防空軍の統合に伴い、第1特別極東航空軍と第11独立防空軍が第11航空軍(ロシア語:11-я воздушная армия)に統合。
  • 2009年12月1日:第3航空・防空コマンドが第11航空軍から改編設立された。
  • 2015年8月1日:第3航空・防空コマンドから第11航空・防空軍に名称変更された。

編制[編集]

2015年8月現在[編集]

2015年8月現在、3個防空師団、1個航空師団、2個独立航空連隊、2個航空基地[1]からなる[2]。司令部はハバロフスクに所在する。

第11航空・防空軍司令部(Штаба 11-я армия ВВС и ПВО):ハバロフスク

  • 第303親衛混成航空師団(303-я гвардейский смешанная авиационная дивизия):フルバ、コムソモリスク・ナ・アムーレ南17km
    • 第22親衛戦闘機航空連隊(22-й гвардейский истребительный авиационный полк):ツェントラリナヤ・ウグロバヤ、ウラジオストク北東29km、Su-27SM/UBSu-30M2MiG-31DZ/BS
    • 第23戦闘機航空連隊(23-й истребительный авиационный полк):ジェムギ、コムソモリスク・ナ・アムーレ北東8km、Su-35SSu-27SM/UBSu-30M2
    • 第120親衛混成航空連隊(120-й гвардейский смешанный авиационный полк):ドムナ、チタ郊外、 Su-30SMSu-25/SM/UB
      • 第?航空群(?-я авиагруппа):チタ市内、Mi-8Mi-24
    • 第187親衛攻撃機航空連隊(187-й гвардейский штурмовой авиационный полк):チェルニゴフカ、Su-25SM/UB
    • 第277爆撃機航空連隊(277-й бомбардировочный авиационный полк):フルバ、コムソモリスク・ナ・アムーレ南17km、Su-24M2
  • 第257独立混成航空機連隊(257-й отдельный смешанный авиационный полк):ボリショイ、ハバロフスク市ジェレズノドロジュニ地区、An-12An-24An-26Tu-134Tu-154
  • 第799独立偵察機航空連隊(799-й отдельный разведывательный авиационный полк):ヴァルフォロメーエフカ、Su-24MR
  • 第573航空基地(573-я авиационная база)(第2級航空基地):ボリショイ、ハバロフスク市ジェレズノドロジュニ地区、Mi-24/35Mi-8Mi-26Ka-52A
    • 第?航空群(?-я авиагруппа):ガロフカ第2、 Mi-8Mi-26
  • 第575航空基地(575-я авиационная база)(第2級航空基地):チェルニゴフカ、Mi-8Mi-24Ka-52A
  • 第101独立回転翼機隊(101-й отдельный вертолётный отряд):ブレヴェスニク空港/旧天寧海軍飛行場、(択捉島)、Mi-8

過去の編制[編集]

第3航空・防空コマンド(2013年1月)[編集]

第11航空軍[編集]

  • 第23防空軍団:ウラジオストクに軍団司令部を置く。防空部隊とレーダー部隊を持つ。
    • 第22戦闘機連隊:ウグローヴァヤ。Su-27
    • 第530戦闘機連隊:ソコロフカ(チュグエフカ)。MiG-31
  • 第25防空師団:コムソモリスク・ナ・アムーレに師団司令部を置く。防空部隊とレーダー部隊を持つ。
    • 第23戦闘機連隊:ジェムギ。Su-27SM。同機がロシア空軍で最初に配備された部隊である。
    • 第2電波技術連隊:コムソモリスク
  • 第303諸兵科連合師団:ウスリースクに師団司令部を置く。前線爆撃機、攻撃機と偵察機の混成部隊。
    • 第277爆撃機連隊:フルバ。Su-24
    • 第302爆撃機連隊:ヴェリノ。Su-24M
    • 第18攻撃機連隊:ガリョンキ。Su-25
    • 第187攻撃機連隊:チェルニゴフカ。Su-25
    • 第799偵察機連隊:ヴァルフォロメーエフカ。Su-24MR
  • 軍直轄部隊
    • 第257独立連隊:ハバロフスク。An-12An-26Mi-8
    • 第825独立ヘリ連隊:ガロフカ
    • 第319独立ヘリ連隊:チェルニゴフカ。Mi-24Ka-50
    • 第364独立ヘリ連隊:スレドネベーラヤ。Mi-24
    • 第280独立ヘリ連隊:ソーコル
    • 独立無人航空機飛行隊:アルセニエフ

配備数[編集]

2014年12月時点で、第3航空・防空コマンドが配備する航空機、防空ミサイル等の推定数は、以下のようになっている[3]

戦闘機

  • MiG-31×20機

戦闘攻撃機

  • Su-24M×44機
  • Su-24M2×10機
  • Su-27SM2×47機
  • Su-30M2×2機

攻撃機

  • Su-25×72機

偵察機

  • Su-24MR×28機

輸送機

  • An-12/An-24/An26 計22機
  • Tu-134×1機
  • Tu-154×1機

攻撃ヘリコプター

  • Ka-52A×20機
  • Mi-24×24機

輸送ヘリコプター

  • Mi-26×4機
  • Mi-8×56機

防空ミサイル

  • 96K6パンツィールS1
  • 9K37/9K317ブーク
  • S-300PS/PM
  • S-300V
  • S-400

司令官[編集]

脚注[編集]

  1. ^ この場合の「航空基地」とは、あくまで部隊単位としての呼称であり、航空基地や飛行場といった施設のことでは無い。
  2. ^ 戦闘機、攻撃機部隊の編制は雑誌AirForces Monthly,Octorber 2015による。
  3. ^ Military Balance 2015より。