第1戦闘ヘリコプター連隊 (フランス軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第1戦闘ヘリコプター連隊
創設 1977年 8月1日
所属政体 フランスの旗 フランス
所属組織 フランス陸軍
部隊編制単位 連隊
兵種/任務/特性 航空作戦
人員 約1,100名
所在地 モゼル県
Phalsbourg
標語 Primus Primorum
Le premier parmi les premiers
(最初のなかでも最初)
上級単位 第4航空旅団
主な戦歴 第一次インドシナ戦争
アルジェリア戦争
湾岸戦争
テンプレートを表示

第1戦闘ヘリコプター連隊(だいいちせんとうヘリコプターれんたい、 1er régiment d'hélicoptères de combat:1er RHC)は、モゼル県Phalsbourgに駐屯する、第4航空旅団隷下のフランス陸軍ヘリコプター連隊である。

兵種は航空、伝統的区分も航空である。

沿革[編集]

  • 1945年11月20日:第1砲兵観測航空群が編成される。
  • 1950年10月1日:第21砲兵観測航空群が編成される。
  • 1953年12月31日:解隊される。
  • 1977年8月1日:第1戦闘ヘリコプター連隊が編成される。
  • 1990年湾岸危機に伴い、「ダゲ師団」の支援を行う。
  • 1999年:陸軍の大改革に伴い、第4航空旅団隷下となる。

コートジボワールガボンチャドコソボジブチにも派遣された実績がある。

最新の部隊編成[編集]

  • 連隊本部
  • 本部管理中隊
  • 管理支援中隊
  • 補給統制中隊
  • 戦闘ヘリコプター隊
    • 第1戦闘ヘリコプター小隊(ガゼル5機からなる)
    • 第2戦闘ヘリコプター小隊(ガゼル5機からなる)
  • 航空偵察隊(ガゼル5機からなる)
  • 航空支援隊(ガゼル7機からなる)
  • 輸送ヘリコプター隊
    • 第1輸送ヘリコプター小隊(ピューマ20機からなる)
    • 第2輸送ヘリコプター小隊(クーガー10機からなる)
  • 航空観測隊(クーガー4機からなる)
  • 予備訓練中隊

定員[編集]

  • 連隊の人員構成は、約1,100名からなる。
  • ヘリコプター56機、約300台の車両を装備する。

主要装備[編集]

関連項目[編集]