第1回天皇杯全日本サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ア式蹴球全國優勝競技會
Hibiya Park Map 1907.jpg
日比谷公園の地図(1907年)
開催国 日本の旗 日本
参加チーム数 4
優勝 東京蹴球団
準優勝 御影蹴球団
試合総数 2
ゴール数 5 (1試合平均 2.5 点)
1922
テンプレートを表示

この項目ではア式蹴球全國優勝競技會(あしきしゅうきゅうぜんこくゆうしょうきょうぎかい)として1921年(大正10年)11月26日27日日比谷公園グラウンドで開催された大会[1]について記載する。なお、本大会は天皇杯全日本サッカー選手権大会の第1回大会に当たる。

概要[編集]

東京、名古屋、大阪、広島の4地区に分け[1]、各地区の代表1チームが全国大会に出場した[1]。地方予選は東京に20、名古屋に3チームが参加して行われた[1]

全国大会に出場した4チームのうち、山口高校が東上を見合わせ[1]棄権したため、準決勝1試合と決勝の2試合のみが行われた。優勝者にはイングランドフットボール・アソシエーション(FA)から寄贈された「FAカップ」と呼ばれる銀製のカップが第9代駐日英国大使チャールズ・エリオットから授受されられた。

出場チーム[編集]

結果[編集]

準決勝 決勝
           
1921年11月26日    
 名古屋蹴球団 0
 御影蹴球団 4  
  1921年11月27日
 御影蹴球団 0
   東京蹴球団 1
 
 山口高校(棄権)  
 東京蹴球団    

主な出場選手[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 山田午郎 『蹴球のコーチと練習の秘訣』 目黒書店、1932年、19-20頁。

関連項目[編集]