第百生命保険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第百生命から転送)
Jump to navigation Jump to search

第百生命保険相互会社(だいひゃくせいめいほけん)は、かつて存在した日本の生命保険会社。

沿革[編集]

  • 1894年明治27年) - 京都生命保険株式会社(京都)設立。
  • 1906年(明治39年) - 萬歳生命保険株式会社(萬歳)設立。
  • 1908年(明治41年)- 京都、博愛生命保険株式会社(博愛)に改称。
  • 1912年(明治45年) - 同胞生命保険株式会社(同胞)設立。
  • 1913年大正2年)- 八千代生命保険株式会社(八千代)設立。
  • 1914年(大正3年)- 日華生命保険株式会社(日華)設立。同胞、福徳生命保険(福徳)に改称。
  • 1917年(大正6年)- 博愛、萬歳と合併。
  • 1922年(大正11年)- 国華徴兵保険株式会社(国華徴兵)設立。
  • 1929年昭和4年)- 萬歳、日華と合併し、日華萬歳生命保険株式会社(日華萬歳)に改称。
  • 1930年(昭和5年)- 八千代、日華萬歳に保険契約を包括移転して解散。日華萬歳、10月に日華生命保険株式会社に再改称。
  • 1941年(昭和16年)- 日華・福徳・国華徴兵が合併。12月に第百生命徴兵保険株式会社(第百生命徴兵)に改称。
  • 1945年(昭和20年)- 第百生命徴兵、第百生命保険株式会社(第百)に改称。
  • 1947年(昭和22年)- 第百、第百生命保険相互会社(第百生命)設立。
  • 1999年平成11年)
    • 第百生命、株式投資などによる含み損による経営不振を脱却するべく、カナダのマニュライフ・フィナンシャルコーポレーションとの約50%合弁により、資本金109億円でマニュライフ・センチュリー生命保険株式会社(マニュライフ・センチュリー)設立。
    • 3月30日 - マニュライフ・センチュリー、第百生命より800億円で営業権譲受。第百生命は既契約の管理会社に移行した。
  • 2000年(平成12年)- 第百生命、自主再建を断念。金融庁長官より業務の一部停止命令を受ける。
  • 2001年(平成13年)
    • 第百生命、生命保険契約者保護機構から1450億円の資本供与を受け、保険契約をマニュライフ・センチュリーに包括移転で合意。4月2日に移転を実施。
    • 9月1日 - マニュライフ・センチュリー、マニュライフ生命保険株式会社に改称。
  • 2007年(平成19年)- 第百生命、清算結了。

かつての提供番組[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]