第百八号哨戒艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
艦歴
起工
進水
竣工 1930年(オランダ)
就役 1944年1月31日(日本海軍)
喪失 1945年3月28日戦没
除籍 1945年5月10日
性能諸元
排水量 基準:795トン
全長 70.15m
水線長 66.5m
全幅 7.95m
吃水 2.80m
機関 レシプロエンジン 2基2軸 3,350馬力
燃料 重油
速力 15ノット
航続距離
乗員 定員105名[1]
兵装 8cm単装高角砲 1基
13mm単装機銃 2基
25mm単装機銃 4基
25mm連装機銃 2基
爆雷48発
同型艇 2隻

第百八号哨戒艇[2](だいひゃくはちごうしょうかいてい)とは大日本帝国海軍鹵獲艦艇の一つ。元はオランダ領東インド政府の哨戒艇「Arend(アーレンド)」。

概要[編集]

1942年昭和17年)3月1日バタビア自沈。浮揚後、スラバヤの第百二海軍工作部が修理して哨戒艇とした。本艇の前身アーレンドと第百四号哨戒艇の前身ファルクは姉妹艇である。

艇歴[編集]

  • 1930年(昭和5年) オランダのフィジェノルド造船所で竣工。
  • 1942年(昭和17年)3月1日 ジャワ島タンジュンプリオク港沖で自沈、スラバヤの第百二海軍工作部が浮揚整備にあたる。
  • 1944年(昭和19年)7月31日 第百八号哨戒艇と命名[2]、哨戒艇に類別[3]、本籍を舞鶴鎮守府に定められる[4]第二南遣艦隊第二十二特別根拠地隊に編入[5]
    • 10月12日 整備完成[6]
  • 1945年(昭和20年)3月28日 セレベス沖でアメリカ艦上機の攻撃により沈没。
    • 5月10日 帝国哨戒艇籍から除かれる[7]
第百八号哨戒艇長
  1. 山田満 大尉/少佐:1944年7月31日[8] - 1945年5月10日[9]

脚注[編集]

  1. ^ 昭和19年7月31日付 内令員第1366号。この数字は特修兵、その他臨時増置された人員を含まない。
  2. ^ a b 昭和19年7月31日 海軍大臣 逹 第243号。『昭和19年8月~9月 秘海軍公報(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C12070495800 
  3. ^ 昭和19年7月31日付 内令第906号。
  4. ^ 昭和19年7月31日付 内令第909号。
  5. ^ 戦史叢書『大本営海軍部・聯合艦隊(6) -第三段作戦後期-』、附表第二。
  6. ^ 世界の艦船 増刊第45集 『日本海軍護衛艦艇史』、p. 106。
  7. ^ 昭和20年5月10日付 内令第410号。
  8. ^ 昭和19年8月6日付 秘海軍辞令公報 甲 第1555号。0
  9. ^ 昭和20年8月20日付 秘海軍辞令公報 甲 第1890号。

参考文献[編集]

  • 防衛研修所戦史室 戦史叢書 第46巻 『大本営海軍部・聯合艦隊(6) -第三段作戦後期-』、朝雲新聞社、1971年。

関連項目[編集]