第十東予丸沈没事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第十東予丸沈没事故(だいじゅうとうよまるちんぼつじこ)とは、1945年11月6日に発生した海難事故である。荒天の中、定員210名の3倍を超える乗客を乗せた為、復元力を失って伯方島木浦港沖で転覆沈没し、死者・行方不明397名を出す惨事になった。

事故の概要[編集]

1945年11月6日9:30頃、尾道港今治港行き瀬戸内海汽船の今尾連絡船「第十東予丸」(162トン)が伯方島木浦港六ツ瀬の約2キロの沖合いの海域で突風の為、転覆沈没したもの。遭難時は突風が吹き荒れていた。付近で操業中の漁船や航行中であった「愛媛汽船」の旅客船「鷹島丸」の他、伯方消防団の救助船と今治警察署の警察船「あさぎり丸」が出動して145人を救助したが、死者・行方不明397名を出す惨事になった。木浦には慰霊塔が建てられている。

事故が起こった時は第二次世界大戦が終わった2ヶ月後であり、済州島からの復員軍人約400人に加えて、一般客約180人が乗船していた。当時は戦前の古い船舶に定員以上の乗客を乗せるのが当たり前のように行われていた背景がある。

この12年後の1957年には、芸予諸島第五北川丸沈没事故が発生し、その他にも瀬戸内海各地で旅客船の遭難が相次ぎ、本州四国連絡橋架橋運動が盛り上がることになった。いわゆる芸予諸島を通るルート(現:瀬戸内しまなみ海道)は架橋効果が比較的乏しく、立場的に弱い存在であったものの、「芸予諸島島民や四国島民にとって架橋は不可欠である。」として架橋運動が盛り上がり、建設コストや技術的障壁[1]が低いことや、地元選出の越智伊平衆議院議員の尽力もあって1999年5月1日の架橋に至る。来島海峡SAに越智自筆の碑が建立されている。

脚注[編集]

  1. ^ 1982年当時の価格で事業費は5850億円と想定され、1兆1100億円の備讃瀬戸大橋や1兆6650億円と想定された神戸~鳴門ルートより遥かに安かった。

関連項目[編集]