第六十号型駆潜艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
第六十号型駆潜艇
戦後に撮影された第60号駆潜艇と蓮 (特別保管艦に指定後、佐世保港)
戦後に撮影された第60号駆潜艇と
(特別保管艦に指定後、佐世保港)
基本情報
種別 駆潜艇
建造所 新潟鐵工所新潟工場
運用者  大日本帝国海軍
Flag of Japan.svg 第二復員省/復員庁
建造期間 1943-1944
就役期間 1944-1946
計画数 30
建造数 3
前級 第二十八号型駆潜艇
要目
基準排水量 420トン
全長 51.00m
水線長 49.00m
垂線間長 46.50m
最大幅 6.70m
深さ 4.65m
吃水 2.63m
主機 艦本式23号乙8型ディーゼル2基
推進器 2軸
出力 1,700hp
速力 16.0ノット
航続距離 14ノットで2,000カイリ
燃料 重油 16トン
乗員 定員73名[注釈 1]
兵装 40口径8cm高角砲 単装1基
25mm機銃 単装3基
13mm機銃 連装1基
爆雷36個
搭載艇 短艇2隻
レーダー 22号電探1基
ソナー 九三式水中聴音機1基
九三式または三式水中探信儀1基
電子戦
対抗手段
電波探知機2基
特殊装備 九四式爆雷投射機2基
爆雷投下軌条2条
テンプレートを表示

第六十号型駆潜艇(だい60ごうがたくせんてい)は日本海軍駆潜艇。同型3隻。第二十八号型駆潜艇よりも簡易化を進めたものとされる。なお、「第六十号型」の艇型名は「第二十八号型」と同様、海軍省が定めた艦艇類別等級別表上存在せず、全艇が「第十三号型[注釈 2]」に含まれる。

説明[編集]

第13号型(基本計画番号K8)、第28号型(基本計画番号K8B)に続き、改マル5計画で仮称艦名第5341号艦から同第5370号艦までの30隻が計画された。しかし内地と南方資源地帯を結ぶ航路の護衛が重要視され海防艦の建造が優先された結果、竣工したのは新潟鐵工所に建造が割り当てられた艇のうち最初の3隻だけで、他は全て起工前に建造中止となった。

基本計画番号はK8Cで、第28号型のK8Bよりも構造の簡易化を進めた艇型だが、外見上はK8CとK8Bとで大きな違いは無い。建造当初から対水上レーダーと電波探知機が設置され、艇橋前と烹炊所横に機銃台を設けたのは兵装強化後の第13号型や第28号型と同様だが、烹炊所横の機銃台は円柱とトラスを組み合わせたものではなく平板で支えられている[1]。居住区の簡素化は実施されず甲板各所にリノリウムを貼るなど、「戦時建造艦としては結構な艤装」[2]となっている。新造時の舷窓数は片舷あたり艇前半部に5個、艇後半部に4個[1]で、第13号型や第28号型と比較して減らされてはいる[1]が全廃には至っていない。

起工から竣工までの日数は第60号232日、第61号191日、第63号195日で、同じ新潟鐵工所で建造された第43号364日、第48号324日、第54号217日、第58号235日と比較して、建造日数は減っている。

同型艇[編集]

竣工艇の建造所は全て新潟鐵工所新潟工場。
  • 第60号:1944年3月28日竣工。終戦時佐世保に所在。1945年10月5日除籍。特別輸送艦として行動後、1948年解体。
  • 第61号:1944年5月8日竣工。1945年1月9日台湾南部の海口泊地でアメリカ艦上機の攻撃を受け被爆沈没。3月10日除籍。
  • 仮称艦名第5343号艦:建造中止。
  • 第63号:1944年6月30日竣工。1945年3月26日小アンダマン島沖でイギリス駆逐艦Virago(R75)ほかと交戦し被雷沈没。5月10日除籍。
  • 仮称艦名第5345号艦から同第5370号艦:建造中止。

脚注[編集]

注釈
  1. ^ この数字は昭和15年11月15日付 内令第841号で制定された海軍定員令「第86表ノ3 駆潜艇定員表 其ノ2」で定められた定員数。第28号型も同じ定員表で定員を定めており、各艇ごとに異なる特修兵や臨時増置された人員を含まない。
  2. ^ 昭和18年5月1日付 内令第838号による艦艇類別等級別表の改正で「第十三号型」の艇型名は「第十四号型」に改定されているため、厳密には「第十四号型」。
脚注
  1. ^ a b c 各艇の写真による。
  2. ^ 世界の艦船『日本海軍護衛艦艇史』、p. 152。

参考文献[編集]

  • 世界の艦船 No. 507 増刊第45集 『日本海軍護衛艦艇史』、海人社、1996年。
  • 福井静夫 『写真 日本海軍全艦艇史』、ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1
  • 防衛研修所戦史室 戦史叢書 第31巻 『海軍軍戦備(1) -昭和十六年十一月まで-』、朝雲新聞社、1969年。
  • 防衛研修所戦史室 戦史叢書 第88巻 『海軍軍戦備(2) -開戦以後-』、朝雲新聞社、1975年。
  • 明治百年史叢書 第207巻 『昭和造船史 第1巻(戦前・戦時編)』、原書房、1977年。
  • 丸スペシャル No. 49 日本海軍艦艇シリーズ 『駆潜艇・哨戒艇』、潮書房、1981年。
  • 海軍省内令各号。