第六三四海軍航空隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大日本帝国海軍
大日本帝国海軍旗
官衙
海軍省
軍令部
艦政本部
航空本部
外局等一覧
地方組織
鎮守府
警備府
要港部
艦隊
連合艦隊
北東方面艦隊
中部太平洋方面艦隊
南東方面艦隊
南西方面艦隊
第十方面艦隊
支那方面艦隊
海上護衛総司令部
海軍総隊
他作戦部隊
海軍航空隊
海軍陸戦隊
主要機関
学校一覧
歴史・伝統
日本海軍の歴史
日本海軍の軍服
その他
階級一覧
艦艇一覧
兵装一覧
 表示ノート編集履歴 

第六三四海軍航空隊だい634かいぐんこうくうたい)は、日本海軍の部隊の一つ。航空戦艦を母艦として運用する変則的水上機・艦上機部隊として整備されたが、母艦と連携する機会がないまま、小規模の水上機基地航空隊として終戦まで運用された。

沿革[編集]

機動部隊の再建を急ピッチで進めていた海軍は、既に航空母艦9隻を3隻ずつ振り分け、各集団ごとに1個航空隊を充当した3個航空戦隊の編制を終えていた。六三四空は再建・増強策の第二段として、航空戦艦伊勢日向を母艦とする艦載機航空隊として編制された。割り当てられたのは水上偵察機瑞雲と艦上爆撃機彗星で、着水能力がない彗星は、基地または空母に着陸・着艦する片道運用を想定していた。

1944年5月1日岩国飛行場を原隊とし、呉飛行場で開隊。第四航空戦隊隷下。定数瑞雲18・彗星18。瑞雲は呉、彗星は岩国で練成開始(実機不足のため九九式艦上爆撃機を使用)。5月22日母艦決定。瑞雲は伊勢(天谷司令直卒)、彗星は日向(江村日雄飛行長指揮)。6月15日サイパン島派遣命令。のちに中止。6月23日カタパルト射出実験開始。全機成功。7月5日東号作戦発令、瑞雲隊は横須賀飛行場、彗星隊は香取飛行場に進出。8日原隊復帰。8月1日解隊した第六五二海軍航空隊より戦闘機隊・攻撃隊編入。10月12日台湾沖航空戦勃発。瑞雲隊は指宿飛行場、艦上機隊は鹿屋飛行場に進出。10月15日瑞雲隊に原隊復帰命令。機動部隊参加の是非が検討されたが、搭載見送りが決定。10月19日母艦伊勢・日向、六三四空艦載機を搭載せずフィリピンに向け別府湾出航。10月22日フィリピンに進出、キャビテに駐留。以後、夜間対艦攻撃、多号作戦対艦哨戒に従事。

10月末フィリピンで神風特攻隊が開始すると、11月634空も梅花隊を編成して特攻を命じた[1]

11月15日 第二航空艦隊に編入。艦上機隊を廃止(第二〇一海軍航空隊第七〇一海軍航空隊に譲渡)、偵察機隊を増強。以後、従来の夜間対艦攻撃に加え、サンホセ飛行場爆撃に従事。

1945年1月8日第一航空艦隊に転籍。台湾東港飛行場に撤退。以後、東港より淡水飛行場に拠点を移し、台湾・沖縄近海の哨戒に従事。3月26日「菊水一号作戦」発動。沖縄近海で夜間対艦攻撃に従事。4月台湾より本土に撤退。 福岡、鹿児島に偵察301、偵察302を展開して奄美大島の古仁屋を前進基地に沖縄に反復攻撃を行った[2]

8月3日第五航空艦隊に編入、第三十二航空戦隊を編制。

8月15日終戦。

主力機種[編集]

  • 瑞雲 - 伊勢を母艦とする水上偵察機
  • 彗星 - 日向を母艦とする艦上爆撃機

その他、慣熟練成用の九九式艦上爆撃機、六五二空から譲渡された零式艦上戦闘機天山、その他偵察航空隊から編入された各種偵察機が含まれている。

歴代司令[編集]

  • 天谷孝久 大佐:昭和19年5月1日 -
  • 江村日雄:昭和19年11月15日 -
  • 立見孝六郎:昭和20年8月 - 解隊

脚注[編集]

  1. ^ 木俣滋郎『日本空母戦史』図書出版社
  2. ^ 渡辺洋二『日本本土防空戦』徳間書店183頁

関連項目[編集]