第五高等学校 (旧制)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第五高等学校
(五高)
創立 1887年
所在地 熊本区(熊本市)
初代校長 野村彦四郎
廃止 1950年
後身校 熊本大学
同窓会
熊本大学五高記念館(旧・第五高等中学校本館)

第五高等学校(だいごこうとうがっこう)は、1887年明治20年)5月熊本区1889年以降は市制を施行して熊本市)に設立された官立高等中学校を母体とする旧制高等学校。略称は「五高」(ごこう)。

概要[編集]

  • 全国で5校のナンバースクール高等中学校の一つとして設立された。1887年(明治20年)4月の仙台旧制二高金沢四高に次ぐものである。初期の教員は校長を始め一高からの転出者が多く、一高をモデルとした全寮制と寮自治が志向された(寄宿舎は「習学寮」)。
  • 文科・理科よりなる修業年限3年の高等科が設置された。入学者は九州出身者が多く、卒業後の進学先は地元の九州帝国大学よりも東京帝国大学が多かった。
  • 関東旧制一高関西旧制三高、長州(山口)の旧制山口高と並んで、肥後(九州)の旧制五高は、政治家志向、中央官僚志向が強かった。そのため、内閣総理大臣経験者をはじめ、多くの政治家や官僚を輩出した[1]
  • 新制熊本大学の前身校の一つであり、法文学部および理学部の構成母体となった。
  • 校風は「剛毅朴訥(ごうきぼくとつ)」。代表寮歌は「東京帝国大学寄贈之歌」、通称「武夫原頭(ぶふげんとう)」。
  • 旧制高等学校の中では飛びぬけて校地が広く、他の旧制高等学校が2万坪を標準としたのに対し、5万坪の敷地を誇り、陸上用グラウンドと野球用グラウンドを別々に設けるなど、かなり余裕がある使いかたをしていた。
  • 戦後、男女共学になり女子学生を受け入れた。

沿革[編集]

歴代校長[編集]

校地の変遷と継承[編集]

開校当初の校地は熊本市東北の龍田山(立田山)麓に置かれ(龍南校地)、寮歌では「武夫原」(ぶふげん)と歌われた。新制熊本大学への包括後、五高校地は同大学の黒髪キャンパス北地区に継承され現在に至っている。赤煉瓦造の旧本館および旧化学実験場、正門(赤門)は1969年国の重要文化財に指定され、1993年には旧本館が「五高記念館」として公開されている。

著名な教員[編集]

著名な出身者[編集]

政界[編集]

官界[編集]

法曹[編集]

経済界[編集]

学術・文化[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中村宋悦 『評伝 日本の経済思想 後藤文夫 人格の統制から国家社会の統制へ』 日本経済評論社 p6~7
  2. ^ 長崎医学専門学校はその後1923年長崎医科大学に昇格。

関連書籍[編集]

尾崎ムゲン作成「文部省管轄高等教育機関一覧」参照
「主要高等教育機関一覧」参照

関連項目[編集]

外部リンク[編集]