第五次イゾンツォの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
第五次イゾンツォの戦い
Italian Front 1915-1917.jpg
第十一次までのイゾンツォの戦いの戦況図
戦争第一次世界大戦
年月日1916年3月9日 - 3月17日
場所:イゾンツォ川、西スロベニア
結果:引き分け(攻勢中断)
交戦勢力
イタリア王国の旗 イタリア王国 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
指導者・指揮官
イタリア王国の旗 ルイージ・カドルナ Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg スヴェトザル・ボロイェヴィッチ 
戦力
歩兵286大隊
大砲1,360門
歩兵100大隊
大砲470門
損害
死傷者数1,882人 死傷者数1,985人
イタリア戦線

第五次イゾンツォの戦い(Fifth Battle of the Isonzo)とは、第一次世界大戦中のイタリア戦線のイタリアとオーストリアの間で発生した五回目の会戦を指す。先の第四次イゾンツォの戦いで勝利を得たイタリア陸軍は、暫く攻撃を控えた後にフランス陸軍の強い要請で更なる攻撃を開始した。

戦闘前[編集]

イゾンツォ川を越えてオーストリア・ハンガリー領に侵入する為の四回の大攻勢の後に、イタリア軍司令部は完全に凍結する冬の山岳戦を避けて攻撃を一端切り上げた。軍司令部とカドルナ将軍はその間に8個軍団に陸軍を再編して、翌年の3月に新たな攻勢を開始した。しかしこれは十分に熟慮されて開始されたというより、同盟国フランスの強い要請に押された結果であった。東部戦線の激化とヴェルダン会戦の発生に苦慮していた連合軍は、同盟軍の戦力分散を必要としていた。1915年12月、連合軍諸国の会議で攻撃は決定された。

戦闘開始[編集]

戦いはオーストリア軍に対する「デモンストレーション」として始められ、ゴリツィア周辺の橋頭堡を拡大する事を目的に設定して第3軍と第4軍に進軍が命じられた。戦いは11回にわたって行われたイタリア側の攻勢の中では短い戦いで、一週間ほどに過ぎなかったが、両軍に4000名近い死傷者を生んだ。短期間で戦いが終わったのは気候の悪化と、オーストリア軍側の攻勢作戦「討伐」が発動された為だった(アジアーゴの戦い)。途中で中断された時点で両軍のどちらか優勢という事はなく小競り合いの段階で両軍は引き挙げ、予定された第6軍の攻撃も中止された。

作戦開始前、イタリア軍司令部は東部戦線でも機会あればイタリア戦線の同盟軍が分散する様な軍事行動を要請した。これは後にロシア軍によって果たされた。

他の戦闘[編集]

関連項目[編集]