第九の呪い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第九の呪い(だいくののろい)は、クラシック音楽の作曲家の間で囁かれていたとされる、「交響曲第9番を作曲すると死ぬ」というジンクスである。

概要[編集]

ベートーヴェン交響曲第9番を完成させた後、交響曲第10番を完成することなく死去したことに端を発する。

グスタフ・マーラーが「第九の呪い」を恐れて、交響曲第8番の完成後次に取り掛かった交響曲を交響曲として認めず『大地の歌』と名づけたという逸話が知られている。マーラーはその後に交響曲第9番を作曲したが、交響曲第10番は未完に終わった。

実際に「交響曲第9番」作曲と前後して死去した主要な作曲家は、ベートーヴェンブルックナーマーラーヴォーン・ウィリアムズシュニトケヴェレスなどがいる。ただしブルックナー、マーラーは番号のないものを含めると生涯に10曲以上の交響曲を完成させている。また、アッテルベリアーノルドが最後に残した交響曲、グラズノフが未完のスケッチのみを残した最後の交響曲が「第9番」であるが、彼らはその作曲から死去までに10年以上を経ている。

シューベルトの交響曲の番号は時代と共に変動しているが、完成した交響曲は実際には7曲である。現在ではこれに『未完成』を加えた8曲に番号を作曲順に付けたものが、国際シューベルト協会の定めたものとして通用しているが、かつては別の未完成の交響曲を「交響曲第7番」として加え、9曲としていた。『ザ・グレイト』と通称される、完成した最後の交響曲は、『未完成』の発見までは「第7番」、その後「第9番」とされ、国際シューベルト協会は「第8番」としているが、「第10番」の番号が付けられたこともあった。

ドヴォルザーク9番目の交響曲を完成したところで打ち止めになったが、初めの4曲は生前には出版されなかったため番号が振られず、現在第9番とされている作品も当初「交響曲第5番」として出版されたため、厳密には「交響曲第9番」を作曲して死んだわけではない。

他の多くの作曲家はその前で打ち止めになっているか、それを大きく越えている。交響曲を主な表現の手段とはしなかった作曲家(たとえばラフマニノフなど)は、第9番のはるか前で打ち止めになっているし、交響曲を重要な表現の手段としていたブラームスチャイコフスキーらも、結局第9番に及ばないところで打ち止めになっている。

例外[編集]

ベートーヴェン以前の作曲家であるハイドンモーツァルトらは第九の呪いとは無縁である。ベートーヴェン以降の19世紀の作曲家では、第5番「レノーレ」で知られるラフが番号つきだけでも交響曲を第11番まで書いている。第一次世界大戦後ではミャスコフスキーが27曲を作曲している。第二次世界大戦後に第10番を書いた作曲家には、ショスタコーヴィチの15曲、ブライアンの32曲、ヴィラ=ロボスの16曲、ミヨーの12曲以上、ヴァインベルクの20曲、シンプソンの11曲、ヘンツェの10曲などがある。また現在でもフィンランドの作曲家で指揮者のセーゲルスタムは2管編成24分程度の同類の交響曲を作曲中で、その数は200曲を超える。

関連項目[編集]