第三世代 (演劇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第三世代(だいさんせだい)とは、日本小劇場演劇における第三世代の劇作家演出家のことを言う。主に1950年代生まれで、70年代後半頃から本格的な活動を始めた世代を指し、野田秀樹渡辺えり木野花鴻上尚史如月小春川村毅などが代表的存在。彼らとは少し傾向が異なるが、「MODE」の松本修も世代的にはこのグループに含まれる。メタシアターを駆使した、技巧的で遊び心を生かした作劇術が特色で、近未来・架空の世界を舞台にした作品が多い。