第七二一海軍航空隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神雷部隊による攻撃。一式陸攻から桜花が発進する。

第七二一海軍航空隊(だい721かいぐんこうくうたい)は、日本海軍の部隊の一つ。特攻兵器桜花の実験・訓練部隊として編成され、太平洋戦争終盤に沖縄戦線で桜花を含む対艦特攻に従事した。通称「神雷部隊」。なお、協力して桜花の訓練・開発を行っていた第七二二海軍航空隊第七二五海軍航空隊も本稿で述べる。

第七二一海軍航空隊[編集]

第二次世界大戦の後期、戦局の悪化に伴い、日本海軍は対艦攻撃手段としての特攻兵器の開発・運用を本格化させていた。1944年8月に桜花の開発が開始されると、10月1日に実験・練成部隊として、百里原飛行場を基地にて第七二一海軍航空隊(神雷部隊)が編成された。特攻兵器桜花の実験開発及び練成部隊であるのみならず、後に実戦部隊も兼ねた[1]。また、戦闘機による特攻隊である建武隊、神雷爆戦隊、神風特攻隊も行った。

721空の通称は、「神雷部隊」であり、岡村基春司令が命名した。由来は疾風迅雷の音を取った[2]

主力機種は特攻兵器桜花、桜花を搬送・投下するために母機である一式陸上攻撃機零式艦上戦闘機の護衛戦闘機を伴う戦爆連合隊として編成されたが、戦闘機隊の技量低下も著しく、戦闘機隊も爆装のうえで特攻攻撃に投入された。練習機として桜花K1(MXY-7K1)を用いた[1]

歴代司令

歴史[編集]

1944年8月特攻兵器桜花の開発が始まると、その実験、実施を担当する部隊の編成も進められた。搭乗員は志願者から選抜された。海軍省人事局長と教育部長による連名で後顧の憂いの無いものから募集するように方針が出され[3]、1944年9月15日編成準備委員長は岡村基春、副委員長は岩城邦廣とした[4]。桜花発案者の大田正一も隊付となっている[5]

1944年10月1日 百里原海軍航空隊を原隊として第七二一海軍航空隊(神雷部隊)を編制[6]。この編制ではまだ特攻部隊ではなく、721空の新編は普通の航空隊新設と同様の手続きで行われた[7]横須賀鎮守府直卒。陸上攻撃機48・艦上戦闘機24。桜花の搭乗員は志願者の中から練度の高いパイロットが選ばれた。飛行時間1000時間前後のパイロットが中心に集められ、予備士官でも300時間以上はあった[8]

1944年11月1日航空本部は「○大兵器に関する部隊要望事項」によって機材手当、隊員数(定員数1.7倍)、721空に対し万事優先的に取り計らうように通達可決する[9]。1944年11月7日 神之池飛行場に移転。「海軍神雷部隊」の門札を掲示。試験飛行の成功に伴い45機の桜花が721空の供給され11月中旬から訓練が開始した[10]。桜花 (K1) の訓練は各人一回でそれを終えると技量Aになった。あとは零戦での襲撃訓練などが主体に行われた[11]

1944年11月13日 戸塚道太郎航空本部長視察。[12]11月15日 連合艦隊直属[13]。11月20日ごろ永野修身元帥視察。隊員に賛辞を送り絶句慟哭する。[14]11月23日 及川古志郎軍令部総長視察。[15] 12月1日豊田副武連合艦隊長官視察。神雷鉢巻と短刀授与。[16]12月3日米内光政海軍省大臣が視察。飛行場で閲兵式が行われた。[17]

1944年12月5日721空と762空で第一機動基地航空部隊と呼称[18]12月20日 連合艦隊直属の第十一航空戦隊を721空と762空で編成。[19]1945年1月20日鹿屋飛行場に進出。2月10日 第五航空艦隊編制。十一航空戦隊が編入され、五航艦直属になる。この編制によって神雷部隊は正式に特攻部隊となった。

1945年3月21日神雷部隊で初の特攻隊編成である「第一回神雷桜花特別攻撃隊」が出撃する。3月21日、4月1日の桜花特別攻撃は突入報告が届かなかったが、1945年4月2日第一建武隊の特攻で4機中3機突入報告が入り、隊員たちの愁眉がひらいた[20]。桜花の使用は母機である一式陸攻の性能不十分で成功の算少なしという理由でその後ほとんど使われることはなかった[21]。岡村司令は、他の隊でやっているような爆撃の固縛はしない、別々に離し、貫通によって効果を大きくする、直前で離せ、遠くでも離せ、敵に捕まったら捨てて空戦をしろ、死ぬことが目的ではない、戦果を上げるために何回でも行ってもらうと爆撃戦の指導を行った。任務以外の時間はうるさいことを言わず隊員の自由に過ごさせていた。[22]1945年5月28日新聞で「第一回神雷桜花特別攻撃隊」が「第一神風特別攻撃隊神雷部隊桜花隊」の名称で公表された。

1945年4月25日 谷田部海軍航空隊から昭和隊、大村海軍航空隊から神剣隊、元山海軍航空隊から七生隊、筑波海軍航空隊から筑波隊が神風特攻隊のため編入される。721空は本拠地を谷田部飛行場に移して練成を進めたものの練成は新編の第七二二海軍航空隊に譲り、鹿屋飛行場喜界島飛行場に進出したうえで特攻攻撃に専念した。終戦間際まで、特攻攻撃を続けたが、実際の戦果は乏しかった。

1945年8月21日解隊。終戦までの戦死者は、桜花による特攻で55名、母機の陸攻で365名、援護戦闘機で10名、建武隊による特攻で89名、神雷爆戦隊による特攻で9名、神風特別攻撃隊による特攻で187名、その他戦死・殉職者で114名の合計829名である[23]

戦歴[編集]

  • 昭和20年(1945年)
3月21日 九州沖航空戦において四国沖の機動部隊に向け第一回神雷桜花特別攻撃隊出撃(陸攻18・桜花15・戦闘機32)。母機ごと桜花全機撃墜・護衛戦闘機1喪失。戦果なし。
4月1日 沖縄上陸部隊に向け第二回神雷桜花特別攻撃隊出撃(陸攻6・桜花6)。LST1隻大破・輸送艦1隻小破。突入2を含め陸攻・桜花各4喪失。
4月2日 第一建武隊出撃(爆装零戦30)、揚陸艦1隻大破 突入機を含め4機喪失。
4月3日 第二建武隊出撃(爆装零戦22)、護衛空母ウェーク・アイランド中破。突入を含め6機喪失。
4月6日 第三建武隊出撃(爆装零戦19)、戦果なし・18機喪失。
神風特別攻撃隊出撃(零戦45機)
4月7日 第四建武隊出撃(爆装零戦12)、正規空母ハンコック損傷・突入1を含む9機喪失。
4月11日 第五建武隊出撃(爆装零戦16)、戦果なし・13機喪失。
4月12日 第三回神雷桜花特別攻撃隊出撃(陸攻8・桜花8)。駆逐艦マンナート・L・エイブル撃沈。同スタンレー大破。陸攻2機帰還。
神風特別攻撃隊出撃(零戦17機)
4月14日 第四回神雷桜花特別攻撃隊出撃(陸攻7・桜花7)。全機喪失。
第六建武隊出撃(機数不明)、戦果なし・6機喪失。
神風特別攻撃隊出撃(零戦22機)
4月16日 第五回神雷桜花特別攻撃隊出撃(陸攻6・桜花6)。戦果なし・陸攻2・桜花1帰還。
第七建武隊出撃(爆装零戦12)、戦果なし・9機喪失。
第八建武隊出撃(爆装零戦12)、戦果なし・5機喪失。
神風特別攻撃隊出撃(零戦32機)
4月28日 第六回神雷桜花特別攻撃隊出撃(陸攻4・桜花4)。戦果なし・陸攻2・桜花3帰還。
4月29日 第九建武隊出撃(爆装零戦12)、戦果なし・10機喪失。
神風特別攻撃隊出撃(零戦17機)
5月4日 第七回神雷桜花特別攻撃隊出撃(陸攻7・桜花7)。駆逐艦シェイ撃破・陸攻2・桜花1帰還。
神風特別攻撃隊出撃(零戦15機)
5月11日 第十建武隊出撃(爆装零戦4)、戦果なし・全機喪失。
第八回神雷桜花特別攻撃隊出撃(陸攻4・桜花4)。駆逐艦ヒュー・W・ハッドリー撃破・陸攻1・桜花1帰還。
神風特別攻撃隊出撃(零戦22機)
5月14日 第十一建武隊出撃(爆装零戦5)、戦果なし・全機喪失。
神風特別攻撃隊出撃(零戦17機)
5月25日 第九回神雷桜花特別攻撃隊出撃(桜花3機、陸攻3機)
6月22日 第一神雷爆戦隊出撃(爆装零戦8)、戦果なし・7機喪失。
第十回神雷桜花特別攻撃隊出撃(陸攻6・桜花6)。掃海駆逐艦エリソン・揚陸艦2籍撃破。陸攻2・桜花2帰還。
8月11日 第二神雷爆戦隊(爆装零戦5)、戦果なし・2機喪失。

第七二二海軍航空隊[編集]

桜花練成部隊として1945年(昭和20年)2月15日に七二一空の桜花第一分隊を基幹として新編された。七二一空が1月から鹿屋に転出したため、七二一空の使用していた谷田部飛行場の諸施設を継承して訓練に従事した。通称は「竜巻部隊」。谷田部飛行場敷地内の「竜巻山」を由来とする[1]。神雷隊の要員補充のために訓練を継続していたが、最終的には銀河を母機とする特攻実戦部隊への成長を期待されていた。部隊として実戦の機会を得ずに終戦を迎え、解散した。

歴代司令

第七二五海軍航空隊[編集]

1945年(昭和20年)7月1日に開隊された。母機を必要としないカタパルト射出式の桜花43型の要員を養成するため、比叡山東斜面に特設した射出台を使用した訓練部隊。訓練用桜花は休止中の比叡山鉄道坂本ケーブルによって搬入し、滑空着地機は近隣の大津海軍航空隊が収容することとなっていた。実戦の機会がないまま終戦を迎えた。なお、実機の桜花43型はコロネット作戦に備えて房総半島への配備を予定していた。

歴代司令

脚注[編集]

  1. ^ a b c 神雷部隊出撃、加藤浩、歴史群像 2006年6月号、学習研究社
  2. ^ 加藤浩『神雷部隊始末記』p94
  3. ^ 加藤浩『神雷部隊始末記』p69-80
  4. ^ 戦友会『海軍神雷部隊』p7
  5. ^ 加藤浩『神雷部隊始末記』p84
  6. ^ 戦友会『海軍神雷部隊』p9
  7. ^ 戦史叢書17沖縄方面海軍作戦704頁
  8. ^ 御田重宝『特攻』講談社414頁
  9. ^ 戦友会『海軍神雷部隊』p10
  10. ^ 戦史叢書88海軍軍戦備(2)開戦以後186頁
  11. ^ 神立尚紀『戦士の肖像』文春ネスコ220頁
  12. ^ 戦友会『海軍神雷部隊』p11
  13. ^ 戦友会『海軍神雷部隊』p11
  14. ^ 戦友会『海軍神雷部隊』p11
  15. ^ 戦友会『海軍神雷部隊』p11
  16. ^ 戦友会『海軍神雷部隊』p11
  17. ^ 戦友会『海軍神雷部隊』p12
  18. ^ 戦友会『海軍神雷部隊』p12
  19. ^ 戦友会『海軍神雷部隊』p13
  20. ^ 戦友会『海軍神雷部隊』p22
  21. ^ 戦史叢書88海軍軍戦備(2)開戦以後186頁
  22. ^ 『海軍神雷部隊』戦友会編p22
  23. ^ 戦友会『海軍神雷部隊』

参考文献[編集]

  • 加藤浩『神雷部隊始末記』学習研究社 (2009/11/11)
  • 戦友会『海軍神雷部隊』

関連項目[編集]