第一質料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第一質料(だいいちしつりょう)とは、古代ギリシャ哲学において用いられていた用語である。これはアリストテレスによって用いられていた概念であり、質料形相の概念を中心としてアリストテレスによって行われていた自然哲学においての概念である[1]

解説[編集]

アリストテレスによれば、個物は形相と質料から成り立っているということであり、質料というのは四大元素から成り立っているということである。そして四大元素はそれぞれの形相を持っており、この四大元素のそれぞれを組成しているものというのが第一質料とされて、当時に全ての根源とされていたものということである[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 妹尾学「電子、分子、超分子コロイド −物質要素の三階層− (PDF) 」 、『ケミカルタイムズ』第219号、関東化学、2011年1月、 13頁、2015年2月16日閲覧。

参考文献[編集]

関連資料[編集]

外部リンク[編集]