笠松真梨奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
笠松 真梨奈
Marina Kasamatsu
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1987-04-12) 1987年4月12日(31歳)
出身地 香川県高松市
ラテン文字 Marina Kasamatsu
身長 171cm
体重 63kg
血液型 AB型
選手情報
愛称 マリナ
ポジション WS
指高 222cm
利き手
スパイク 288cm
ブロック 281cm
テンプレートを表示

笠松 真梨奈(かさまつ まりな、1987年4月12日 - )は、日本の元女子バレーボール選手。左利きのウイングスパイカーである。

来歴[編集]

香川県高松市出身。母親がママさんバレーをしていた影響で、小学3年よりバレーボールを始める。

英明高等学校時代の2005年に春高バレーに出場した。高校在学中の2005年秋より、同年春にチームが発足したばかりで、地元高松市をホームタウンとしている四国Eighty 8 Queenに参加[1]。エイティエイツの実業団地域リーグ初参戦時(2006年1月開幕)より早速試合に出場しており、2007年にはチャレンジリーグ昇格にも貢献した。

その後も香川県内の企業に勤めながらプレミアリーグ昇格を目指して活動していたが2009/10シーズン終了をもってエイティエイツを勇退した。

球歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 笠松ら6選手入団-女子バレー四国88(四国新聞2005年11月11日)

外部リンク[編集]