笠岡港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
笠岡港
Kasaoka port.JPG
西の浜地区から笠岡港と笠岡駅方向を臨む
所在地
日本の旗 日本
所在地 岡山県笠岡市
詳細
管理者 岡山県
種類 地方港湾

笠岡港(かさおかこう)は、岡山県笠岡市にある地方港湾。港湾管理者は岡山県[1]

笠岡地区、神島外浦地区、港町地区からなる。港町地区は広島県福山市福山港と接しており、港則法関税法検疫法入国管理法港湾運送事業法上は「福山港」の一部となっている[2]

概要[編集]

笠岡港は、古くから海上交通の要衝として栄えていた歴史ある港湾である。そのため、笠岡港と言えば、一般的には笠岡諸島への旅客船航路を持つ笠岡地区の「住吉港」と「伏越港」のことを指し、更に最狭義としては、住吉港のみを指す。神島外浦地区については「神島外港」、港町地区については「新笠岡港」と呼ばれている。

歴史[編集]

現在の笠岡地区は、良質な港町を形成し、中世には村上水軍が城を築き、行き交う舟の監視にあたり、戦国時代には毛利氏が、江戸期時代には水野氏、その後は天領として幕府が、ともに力を注ぐ物流港であった。また、笠岡諸島四国金毘羅への連絡港として重要な役割を果たしてきた。

当時の港には、「笠岡の港」(現: 笠岡市笠岡)と「金の浦の港」(現: 笠岡市金浦。)[3]があり、両港を連絡する陸路としては、東西に抜ける浜街道(備中浜街道)と呼ばれていた鴨方往来が通り、港から山間部に向けては、備中松山成羽を経て吹屋に抜ける魚仲仕の道、魚道(ととみち)と呼ばれた成羽往来山陽道西国街道)の矢掛宿に向かい、高山市東城を経て出雲国出雲大社に抜ける雲州街道と呼ばれた東城往来山陽道(西国街道)の七日市宿に向かい、備後府中上下を経て石見国石見銀山に抜ける銀の道と呼ばれていた石州街道山陽道(西国街道)の高屋宿神辺宿に向かい、陸海ともに交通の要衝として栄えた。

しかし、戦後笠岡湾干拓事業により航路が狭小となったことや、船舶の大型化により、港の機能は衰退していく。高度経済成長に伴い、港湾機能の近代化が必要となったことから、「瀬溝港」と「神島外港」を笠岡港に編入するとともに、港町地区に新港を建設し、従来の笠岡地区は旅客船基地として、港町地区は貨物船基地として、機能を分担している。

笠岡地区[編集]

住吉港[編集]

「住吉港」地図

JR笠岡駅から国道2号を挟み南側に位置する港。歴史ある港で笠岡港の本港である。笠岡市笠岡の住吉地区にあることから住吉港(すみよしこう)呼ばれ、港からは「笠岡港 ‐ 笠岡諸島」連絡航路として旅客船が出ている。

伏越港[編集]

「伏越港」地図

城山(古城山公園)を挟み住吉港の東側に隣接する港。笠岡市笠岡の伏越地区にあることから伏越港(ふしごえこう)と呼ばれ、港からは「伏越港 ‐ 笠岡諸島」連絡航路としてフェリーが出ている。

神島外浦地区[編集]

神島外港[編集]

「神島外港」地図

笠岡湾干拓により半島となった神島の外浦に位置する港。笠岡市神島外浦にあることから神島外港(こうのしまそとこう)と呼ばれ、また神島外浦港(こうのしまそとうらこう)、外浦港(そとうらこう)、外港(そとこう)とも呼ばれている。漁港としての色合いが強い港ではあるものの、港からは笠岡諸島への旅客船が出ている。

港町地区[編集]

新笠岡港[編集]

「新笠岡港」地図

笠岡湾干拓地(ベイファーム笠岡)の南西端に位置し、笠岡市港町という地名が与えられた埋立地に隣接する貨物港。新設港であることから新笠岡港(しんかさおかこう)と呼ばれる。

1979年昭和54年)から1991年平成3年)にかけて県営事業として築造された。この築造に付随して、福山港から笠岡市神島の寺間地区に至る海域が浚渫され、航路も整備された。

沿革[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 港湾管理者一覧表(平成23年4月1日現在) (PDF)”. 国土交通省港湾局. 2011年12月4日閲覧。
  2. ^ 岡山県ホームページ ‐ 笠岡港
  3. ^ 当時の金浦地区一帯は、「備中金の浦(かねのうら)」と呼ばれており、1889年明治22年)の金浦村の成立をもって「金浦」と呼ばれるようになった。

参考文献[編集]

  • 笠岡クイズ王選手権テキスト・問題作成委員会編 『笠岡ふるさとガイド』、笠岡市役所、2007年平成19年)10月27日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]