笠岡中継局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
笠岡中継局
局名 笠岡中継局
笠岡局(エフエムゆめウェーブ)
送信波 地上デジタルテレビジョン放送
地上アナログテレビジョン放送
FMラジオ放送
AMラジオ放送
偏波面 垂直偏波(テレビ・県域FM)
水平偏波(AMラジオ・コミュニティFM)
空中線形式
凡例
90CR2段1面1段1面(NHK-TG、NHK-TE、RSK-A)
4LR5段2面(OHK-A、<TSC-A・RNC-A・KSB-A>)
2D1段1面(NHK-FM)
送信放送局 NHK岡山放送局(テレビ・FM)
RSK山陽放送(テレビAM)
OHK岡山放送
TSCテレビせとうち
RNC西日本放送(テレビ)
KSB瀬戸内海放送
岡山エフエム放送
エフエムゆめウェーブ
空中線電力 アナログVHF・AM・県域FM:100W
アナログUHF:300W
デジタル:30W
コミュニティFM:20W
受信元 金甲山送信所
RSK吉備ラジオ送信所
指向性 東方向
放送区域 岡山県笠岡市倉敷市浅口市里庄町及び香川県丸亀市の各一部
受信世帯 約30,000世帯
設置場所 岡山県笠岡市
テンプレートを表示

笠岡中継局(かさおかちゅうけいきょく)は岡山県笠岡市神島の栂丸山に位置するテレビジョン放送およびラジオ放送の大規模中継局である。

なお中継局ではないが、ここではコミュニティ放送エフエムゆめウェーブ」の送信設備についても併せて記述する。

放送区域[編集]

地上デジタル放送におけるこの中継局の電波法に定める放送区域(1mV/m)は笠岡市倉敷市浅口市浅口郡里庄町及び香川県丸亀市の各一部、約3万世帯である。

地上アナログ放送におけるこの中継局の電波法に定める放送区域(3mV/m)は岡山県笠岡市、井原市、倉敷市、岡山市玉野市矢掛町、浅口市、里庄町、早島町及び香川県三豊市の各一部、4万4818世帯である。

テレビ放送開局当初はすぐ西側の広島県福山市でも受信されていたが、広島ローカル局が福山市内に中継局を整備したことや高層建造物が増え当中継局の電波が入りにくくなったこともあり、現在ではほとんど視聴されていない。ただし笠岡方面に垂直のUHFアンテナを向けた世帯が何軒か見受けられる。

また、地上デジタル放送の物理チャンネルは親局(金甲山送信所)と同一である。

歴史[編集]

アナアナ変換[編集]

この中継局もデジタル放送開始にあわせて全国的に行われた現行アナログチャンネルの移行、いわゆる「アナアナ変換」の対象となり、2006年6月1日より対策を開始[3]、2006年9月14日には旧チャンネルを停波し[4]、新チャンネルに移行した。対象となったアナログチャンネルはTSCテレビせとうち(19ch-→22ch-)、RNC西日本放送(17ch-→34ch+)、KSB瀬戸内海放送(21ch-→55ch+)の3波である。対策世帯は岡山県笠岡市、井原市、倉敷市、岡山市、玉野市、矢掛町、浅口市、里庄町早島町及び香川県三豊市の各一部、約3万1000世帯。

地上デジタル放送[編集]

笠岡中継局のデジタル化は岡山・香川でデジタル放送が開始してからおよそ1年後のことである。岡山県内3局目のデジタル化で、本放送開始は津山中継局新見中継局と同時である。このおよそ2ヶ月前には備前中継局が、2ヶ月後には香川県の小豆島中継局、さらに1ヶ月後には高梁中継局が本放送を開始している。

2007年11月16日中国総合通信局より予備免許交付[5]、同月21日より試験放送を開始し、翌月12月17日[6]に本放送を開始した。

施設[編集]

  • 岡山県笠岡市神島にある標高306メートルの栂丸山(つがのまるやま。塚の丸山、栂の丸山とも表記する)の山頂付近に位置する。
  • AM放送とコミュニティFMを除く全局が垂直偏波による放送である。

地上デジタルテレビジョン放送送信設備[編集]

リモコンキーID 放送局名 物理チャンネル 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
1 NHK岡山総合テレビ 32ch 30W 480W 岡山県 約3万世帯
2 NHK岡山教育テレビ 45ch 450W 全国放送
4 RNC西日本放送 20ch 520W 岡山県・香川県
5 KSB瀬戸内海放送 30ch
6 RSK山陽放送 21ch 490W
7 TSCテレビせとうち 18ch 520W
8 OHK岡山放送 27ch
※全局局名は笠岡局
※全局垂直偏波
※全局に指向性あり
※中継局であるためコールサインは無い

地上アナログテレビジョン放送送信設備[編集]

  • NHK:岡山県笠岡市神島内浦塚の丸山2727
  • RSK:岡山県笠岡市神島塚の丸2729
  • OHK:岡山県笠岡市神島塚の丸
  • TSC・RNC・KSB:岡山県笠岡市神島塚の丸
チャンネル 放送局名 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
2 NHK岡山総合テレビ 映像100W/
音声25W
映像660W/音声165W 岡山県 4万4818世帯
4- NHK岡山教育テレビ 映像630W/音声155W 全国放送
6+ RSK山陽放送 岡山県・香川県
22- TSCテレビせとうち 映像300W/
音声75W
映像5.3kW/音声1.5kW -
34+ RNC西日本放送 映像5.8kW/音声1.45kW
55- KSB瀬戸内海放送 映像5.7kW/音声1.4kW
60- OHK岡山放送 映像7.4kW/音声1.85kW
※全局局名は笠岡局
※全局垂直偏波
※全局に指向性あり
※中継局であるためコールサインは無い
※4ch、22ch、55ch、60chはオフセット-10kHz局※6ch、34chはオフセット+10kHz局

FMラジオ放送送信設備[編集]

周波数(MHz) 放送局 コールサイン 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
79.2 エフエムゆめウェーブ JOZZ8AN-FM 20W 21W 笠岡市浅口市 約2万7600世帯
80.4 岡山エフエム放送 なし 100W 180W 岡山県 約3万世帯
83.7 NHK岡山FM放送 185W
※県域FM局は垂直偏波

AMラジオ放送送信設備[編集]

周波数(kHz) 放送局 空中線電力 放送対象地域 放送区域内世帯数
1494 RSK山陽放送 100W 岡山県 -
※送信所の鉄塔は山陽放送のアナログテレビと共用

脚注[編集]

関連項目[編集]

周辺の中継局

外部リンク[編集]

デジタル放送

アナログ放送

FMラジオ放送

AMラジオ放送