笠岡インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
笠岡インターチェンジ
Kasaoka IC.jpg
所属路線 E2 山陽自動車道
IC番号 20
料金所番号 01-717
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0002.svgJapanese National Route Sign 0313.svg 笠岡 井原
起点からの距離 180.1km(神戸JCT起点)
鴨方IC (8.2km)
(5.3km) 篠坂PA
接続する一般道 岡山県道34号笠岡井原線
供用開始日 1988年3月1日
通行台数 x台/日
所在地 714-0012
岡山県笠岡市小平井1675
テンプレートを表示

笠岡インターチェンジ(かさおかインターチェンジ)は、岡山県笠岡市小平井にある山陽自動車道インターチェンジである。

道路[編集]

歴史[編集]

インターチェンジが設置されている場所には、鍛治屋遺跡(かんじやいせき)という遺跡があった[1][2]。各時代の遺物が出土する複合遺跡で岡山県教育委員会1984年度昭和59年度)から1986年度(昭和61年度)にかけて調査を行った[3]

接続する道路[編集]

[編集]

E2 山陽自動車道
(19)鴨方IC - (20)笠岡IC - 篠坂PA - (21)福山東IC

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ ぶらり笠岡友の会 『笠岡界隈ぶらり散策』 日本文教出版〈岡山文庫 262〉、2009年、78頁。ISBN 978-4-8212-5262-6
  2. ^ 岡山県古代吉備文化財センター (1988年). “山陽自動車道建設に伴う発掘調査 4” (PDF). 岡山県埋蔵文化財発掘調査報告 70 (建設省岡山国道工事事務所・岡山県教育委員会). http://digioka.libnet.pref.okayama.jp/mmhp/kyodo/kodai/070repoD/0000-070-index.pdf 2016年10月7日閲覧。. 
  3. ^ 笠岡クイズ王選手権テキスト・問題作成委員会 編 『笠岡ふるさとガイド』 笠岡市役所、2007年、36頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]