笠原祥太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「笠原祥太郎」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
笠原 祥太郎
中日ドラゴンズ #47
Kasahara47.jpg
2018年8月24日 マツダスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 新潟県新潟市秋葉区
生年月日 (1995-03-17) 1995年3月17日(24歳)
身長
体重
177 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト4位
初出場 2017年6月30日
年俸 2,100万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

笠原 祥太郎(かさはら しょうたろう、1995年3月17日 - )は、新潟県新潟市秋葉区出身のプロ野球選手投手)である。左投左打。中日ドラゴンズ所属。名前の「」は正確には示へんを崩さずに「」と書く。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校2年生の時に、姉[2]からキャッチボールに誘われたことをきっかけに、野球に興味を持ち、地元の少年スポーツクラブに加入し、中学(新潟市立新津第二中学校)では軟式野球部に所属した[3]

県立新津高校に進学すると、2年生(2011年)春からエース番号を与えられ、夏の大会は2年時に県予選1回戦の帝京長岡戦で敗退[4]。3年時(2012年)も県予選で2回戦の新潟明訓戦で敗退[5]

理学療法士を目指して地元の新潟医療福祉大学を志望したが[6]、3年時に負けた新潟明訓野球部監督の佐藤和也が新潟医療福祉大学に新設される野球部の監督に就任するという噂を聞き、佐藤を慕い、志望学科も健康スポーツ学科に変更し、一般受験で進学して大学でも野球を続ける[7]。当初はプロ野球は念頭になかったが、球速は2年冬ころから一気に増し、3年生(2015年)秋には、チームは関甲新学生リーグの1部に昇格した。その年の秋リーグでリーグ新記録の73奪三振(投球回:55回1/3)を記録する。2016年春のリーグでは、同大は2位で、笠原個人は6勝(0敗)・防御率0.72・奪三振64とすべてでリーグ最高を記録、球速は147km/h、「No.1左腕」と評される[8]。プロ入り意識して体重も入学時の74kgから85kgに増量、4年生になった2016年6月には、大学日本代表選考会のメンバー50人にも選出されるが、選考で落選した。

2016年10月のドラフト会議で中日から4位指名され、同年11月21日に契約金4000万円、年俸800万円で合意し、入団した[9]新潟県の大学から、社会人野球などを経ずにNPB入りしたのは笠原が初めてであった[10]

プロ入り後[編集]

ルーキーイヤーの2017年6月30日、公式戦で中継ぎとして初登板。以後8月末までに16回2/3を投げ、防御率4.86ながら17奪三振(奪三振率9.18)。9月からは先発に回って9月1日に4回2失点、9月8日に5回1失点、3回目の登板となった9月18日は8回を投げて被安打2、無失点に抑えて初勝利。10月3日、自身最終戦となった試合では被安打3、初完投したが、味方の援護がなく負け投手となった。同年、先発に転向後は計5試合で32回1勝2敗、被安打18、自責点8、防御率2.25、奪三振率7.31、与四死球22(与四死球率6.19)。

2年目の2018年は開幕ローテーション入りし、4月25日の巨人戦で1アウトも取れずに6失点、5月13日の巨人戦で1回2/3を5失点で降板して、翌日2軍降格。6月15日、昇格後の西武戦で7回2安打無失点と復調し、6月以降に限れば、13試合で83回1/3を投げ6勝2敗(内完封1)、被安打率0.175、防御率2.70、奪三振率7.45。シーズンを通した与四死球率は4.56。

2019年は初の開幕投手になった。しかし4月27日の対阪神の試合で不整脈の症状が出たため先発登板を回避した。精密検査を受ける為、4月28日に登録抹消された。5月11日に発作性上室性頻拍であったことが発表された[11]。6月19日にウエスタンリーグ公式戦の広島戦で実戦復帰し2回3安打1失点という結果を残した[12]。7月20日対横浜DeNA戦で一軍復帰した[13]。不整脈の影響でシーズン通して僅か8試合の出場に留まった。

選手としての特徴[編集]

オーバースローから最速147km/hのストレートとカットボールチェンジアップカーブを投げる[14][15][16]

人物[編集]

2018年1月5日に入籍。相手は高校1年時の同級生で保育士の一般女性。笠原は「(自分は)人見知りなんで会話が続かないとキツイ。(相手が)しゃべってくれるタイプなので、それが楽でいい」との事。挙式は2018年オフの予定[17]。家庭では、新潟の言葉で通しており、チームメートの小笠原慎之介からも「優しいし、方言も使うので面白い人」、「笠原さんはその優しさがマウンドで出ない」と評されている[6]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 中日 18 5 1 0 0 1 3 0 0 .250 206 48.2 38 4 21 1 7 43 0 0 17 17 3.14 1.21
2018 20 17 1 1 0 6 4 0 0 .600 479 108.2 100 12 49 1 6 88 2 0 52 50 4.14 1.37
2019 8 8 0 0 0 3 2 0 0 .600 158 34.2 39 4 17 0 1 22 0 0 23 22 5.71 1.62
通算:3年 46 30 2 1 0 10 9 0 0 .526 843 192.0 177 20 87 2 14 153 2 0 92 89 4.17 1.38
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初打席:2017年9月1日、対阪神タイガース21回戦(阪神甲子園球場)、3回表に青柳晃洋から投ゴロ
  • 初安打:2017年10月3日、対横浜DeNAベイスターズ24回戦(横浜スタジアム)、5回表に綾部翔から中前安打
  • 初打点:2018年7月24日、対横浜DeNAベイスターズ15回戦(浜松球場)、2回裏に井納翔一から適時中安打

背番号[編集]

  • 47 (2017年 - )

登場曲[編集]

  • 「ピースサイン」米津玄師(2017年)
  • 「英雄」doa(2018年-)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2018年11月20日閲覧。
  2. ^ 姉も大学まで硬式野球を続け、女子硬式野球部のある埼玉栄高校から防衛大学校に進んで男子硬式野球部に所属していた。ポジションは捕手。白球に代え、「パイロットの夢」追う 防衛大学校硬式野球部唯一の女子部員、笠原千鶴さん(22) 産経ニュース
  3. ^ 新潟県の大学から初のプロ誕生!越後のドクターK笠原祥太郎 - BBCrix 2017年10月23日。
  4. ^ 2対1でリードして9回裏2アウトランナーなしから、三振振り逃げ、内野安打、エラー、押し出しが重なり、逆転サヨナラ負けした。
  5. ^ ここでも、4対3と1点をリードして9回裏に入ったものの、自身のバント処理の失敗などから、逆転サヨナラ負けした。高校時代の苦い記憶……中日の“名もなき左腕”笠原祥太郎は、英雄になれるか―文春野球コラム ペナントレース2018 - 若狭敬一、文春オンライン、2018年7月10日。
  6. ^ a b ドラゴンズ笠原祥太郎投手がオススメの新潟グルメは“イタリアン”? - ドラ魂KING、2017年12月07日。
  7. ^ BSN NEWS ゆうなび 2016年6月。月刊ドラゴンズ2017年11月号
  8. ^ 今年No.1左腕だ!新潟医療福祉大の147キロ左腕・笠原スポニチ)2017年9月9日閲覧
  9. ^ 中日、D4・笠原と合意 契約金4000万円サンスポ)2017年9月9日閲覧
  10. ^ 笠原祥太郎週刊ベースボールオンライン)2017年9月9日閲覧
  11. ^ 中日笠原、不整脈原因を特定し治療 復帰まで1カ月
  12. ^ 笠原が約2カ月ぶりに実戦登板(ファーム竜情報) 2019年6月19日 東京中日スポーツ ドラニュース
  13. ^ 中日の笠原、復帰黒星も前向き=プロ野球
  14. ^ https://www.nikkansports.com/baseball/news/201809070000871.html
  15. ^ http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201701/CK2017011102000115.html
  16. ^ https://full-count.jp/2018/11/06/post243405/
  17. ^ 笠原、結婚 高1クラスメート出会いから7年 中日スポーツWeb版。2017年12月23日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]