笠井昌昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

笠井 昌昭(かさい まさあき、1934年5月21日 - 2013年3月9日)は、日本の歴史学者同志社大学名誉教授。専門は日本文化史。文学博士(同志社大学、1970年)。山梨県都留市出身。

略歴[編集]

1953年に同志社大学文学部文化学科に入学、石田一良に学ぶ。1957年に卒業、1967年に同大学院文学研究科博士課程を退学。これより前、1962年に同大学文学部助手、1964年講師、1967年助教授、1972年から教授。2005年に退職して名誉教授。 学位論文は『信貴山縁起絵巻の研究』で、石田の文化史学研究を継承して特定の時代・分野にとどまらない総体的な研究を進める。

著書[編集]

  • 『信貴山縁起絵巻の研究』平楽寺書店、1971年
  • 『天神縁起の歴史』雄山閣、1973年
  • 『日本文化史─彫刻的世界から絵画的世界へ』ぺりかん社、1987年
  • コネティカットの四季 スケッチ絵はがき便り、ニューイングランドから ワコール企画デザイン事業部 1988.12
  • 『古代日本の精神文化』ぺりかん社、1989年
  • 『虫と日本文化』大巧社、1997年
  • 『日本の文化』ぺりかん社、1997年

共編著[編集]

  • 奈良美術史入門 鑑賞のてびき 中村二柄,小川光暘共著 飛鳥園 1960
  • ねる歴史 日本の寝具 小川光暘共著 日本ソノサービスセンター 1968 (歴史文庫)
  • 古代の造形 奈良美術史入門 小川光暘共著 芸艸堂 1976.10
  • 本朝画史 狩野永納編 共訳(佐々木進竹居明男)注 同朋舎出版 1985.6
  • 公卿補任年表』山川出版社、1991年
  • 『文化史学の挑戦』(編著) 思文閣出版、2005年
  • 日本思想史辞典 石毛忠,今泉淑夫,原島正,三橋健共編 山川出版社 2009.4