笠井和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

笠井 和彦(かさい かずひこ、1937年1月16日 - 2013年10月21日)は、日本実業家富士銀行(現みずほ銀行取締役副頭取や、安田信託銀行(現みずほ信託銀行取締役会長福岡ソフトバンクホークス代表取締役社長兼オーナー代行を歴任した。

人物・経歴[編集]

香川県木田郡三谷村(現高松市)出身[1]香川県立高松商業高等学校を経て[2]、1959年香川大学経済学部卒業。近世欧州経済史家名田克男ゼミ第1期出身。ゼミ生は1人だけだった。大学卒業後[3]富士銀行(現みずほ銀行)入行[4]

富士銀行外国資金課で為替ディーラーとして活躍し、ニューヨーク支店長等を経て[1]、1992年副頭取。1998年から安田信託銀行(現みずほ信託銀行取締役会長を務め[4]、事業売却を進めて不良債権処理にあたった[5]

孫正義の誘いを受け周囲の反対を押し切り2000年ソフトバンク取締役に就任し、以降ソフトバンクグループM&Aを取り仕切った[6]。2004年日本テレコム取締役。2005年福岡ソフトバンクホークス代表取締役社長兼オーナー代行。2006年ボーダフォン取締役。2013年肺カルチノイドのため急逝[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
先代:
高塚猛
福岡ソフトバンクホークス(旧福岡ダイエーホークス)オーナー代行
2005年 - 2013年
次代:
後藤芳光
先代:
高橋広幸
福岡ソフトバンクホークス(旧福岡ダイエーホークス)社長
2005年 - 2013年
次代:
後藤芳光
先代:
N/A
安田信託銀行会長
1998年 - 2000年
次代:
木南隆彦