笑般若

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
葛飾北斎『百物語』より「笑ひはんにや」[1]

笑般若笑い般若(わらいはんにゃ)は江戸時代浮世絵長野県の伝承にみられる日本妖怪

葛飾北斎の浮世絵の代表作・『百物語』では「笑いはんにや」と題し、角と牙を生やした鬼のような女が、子供の生首をつかんで狂気ともいえる笑顔を浮かべた姿が描かれている。手にした子供の首はザクロの実のようで気味の悪さに拍車をかけている[1]

河鍋暁斎による画集『暁斎漫画』でも描かれており、人間の女性が邪心から鬼女に変化したものとされた[2]

長野県東筑摩郡にも笑い般若と呼ばれる妖怪の伝承があるが、詳細は不明[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 京極夏彦『北斎妖怪百景』多田克己・久保田一洋編、国書刊行会、2004年、57頁。ISBN 978-4-336-04636-9
  2. ^ 多田克己『暁斎妖怪百景』国書刊行会、1998年、143頁。ISBN 978-4-336-04083-1
  3. ^ 村上健司編著『妖怪事典』毎日新聞社、2000年、369頁。ISBN 978-4-620-31428-0