笑の王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
笑の王國
Warai no Okoku
1937年1月 常盤座(右手前)。幟が見える
市場情報 消滅
本社所在地 日本の旗 日本
111-0032
東京市浅草区公園六区 常盤座
(現在の東京都台東区浅草1丁目26)
設立 1933年4月1日
事業内容 軽演劇喜劇
代表者 古川緑波
生駒雷遊
主要株主 松竹
関係する人物 徳川夢声
山野一郎
菊田一夫
特記事項:略歴

1933年4月 結成
1933年8月 菊田一夫が文芸部加入
1935年6月 古川緑波が脱退
1936年9月 菊田一夫が脱退、11月 緑波一座へ

1943年6月 解散
テンプレートを表示

笑の王國(わらいのおうこく、1933年4月1日 結成 - 1943年6月 解散)は、かつて存在した日本の軽演劇の劇団である。戦後に花登筺が大阪に結成した「劇団・笑いの王国」とは関係がない。

略歴・概要[編集]

1933年(昭和8年)4月、古川緑波(古川ロッパ)の発案による軽演劇の劇団「笑の王国」が設立、浅草公園六区の「常盤座」(現在のROX3)で旗揚げ公演が行われた[1]。設立の背景には、サイレント映画の終焉とトーキーの台頭によって、徳川夢声ら人気活動弁士が職を失い、次の活路を見出さねばならなかったことがまずあげられる[1]。次に、六区ではなく浅草公園四区浅草公園水族館での「カジノ・フォーリー」やほとんど四区に近い新興の「玉木座」(のちの松竹演芸館建物疎開)での「プペ・ダンサント」での榎本健一らの軽演劇に対抗しうる、六区の新しい演劇を、という意図があった[1]

結成に参加したのは、緑波のほか、活動弁士からは、「帝国館」で鳴らした生駒雷遊[2]、弁士から漫談家に転身した徳川夢声、夢声・緑波と「なやまし會」を結成した弁士出身の漫談家から、大辻司郎山野一郎[1]井口静波、山野が松竹の川口三郎に働きかけて、日活を退社した俳優の島耕二小杉勇[1]岸井明瀧花久子ら、さらには、「浅草オペラ」出身の中根龍太郎、「カジノ・フォーリー」にいた林葉三、曽我廼家一座出身で「ピエル・ブリヤント」にいた三益愛子、歌手の藤田艶子新劇出身の清川虹子[1]不二映画社からは渡辺篤、文芸部には森岩雄松井翠声飯島正内田岐三雄鹽入亀輔伊藤松雄津村京村ら、演出部には村田実田坂具隆斎田治良らであった[1]。同年6月には「プペ・ダンサント」が解散し、同年8月、プペにいた菊田一夫が文芸部に加入した。

「笑の王国」の演劇は、歌舞伎の演目を、めちゃくちゃに台なしにしてしまうような「アチャラカ」という手法を開発、観客を唖然とさせた[1]。1935年(昭和10年)6月、古川緑波が脱退、同年7月には東宝専属となった。そのころ、清水金一が加入した。1936年(昭和11年)9月、菊田一夫が退団、同年11月には東宝の「古川緑波一座」へ移籍した。メンバーの入れ替わりが激しかったが、エノケンの「新カジノ・フォーリー」出身の山下三郎酒井俊、のちのムーランルージュ新宿座山田寿夫金子みすゞの実弟・上山雅輔マキノ・プロダクションの経理部長だった田丸重雄、『新喜劇』誌同人の貴島研二山地行夫中野実らが文芸部に、関時男鈴木桂介サトーロクロー久板栄二郎露原千草久保栄薄田研二松本克平武智豊子花井淳子杉寛堀井英一らが俳優部に入団している[1]

1941年(昭和16年)ころからは、日本が戦時体制に入り、兵隊ものをテーマにしなければならず、検閲の通過のため、アチャラカを旨とした同劇団の主旨に反する内容にせざるをえなくなってきた[1]。この時期のエピソードが、のちに三谷幸喜の戯曲『笑の大学』のモデルとなった。同年、大都映画大映に統合され、同社で雑用係をしていた梅田ひろし(あした順子・ひろしのひろし) がこのころ入団している。

1943年(昭和18年)1月、「国民喜劇座」と改称、のちのリーガル天才・秀才のリーガル天才が初舞台を踏んだが、同年6月、解散した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 帝京平成大学公式サイト内の「笑い学講座」の第37回「劇団結成の動向4」の記述を参照。
  2. ^ コトバンクサイト内の記事「生駒雷遊」の記述を参照。

関連項目[編集]