竹酢液

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

竹酢液(ちくさくえき)とは、を蒸し焼きにして炭化するときに煙突から出る排気ガスを採取し、それを冷却することで液化させ収集したもの。木酢液の類型のひとつである。

収集[編集]

竹酢液を作るときに竹炭を焼く窯の温度は、一般的に100℃~400℃程度までで焼くものが良いとされる。100℃以上で集めると黄褐色の液体が採取され、その中には200種類以上のポリフェノール類や酢酸蟻酸アルコール類などの化学物質が含まれている。400℃を超えると比重の重いタール分が出てくる。

精製方法[編集]

  • 静置法
採取した黄褐色の液(原液)を約一年間静置することによって、タールが沈殿した液の層、透明度の高い赤褐色の液の層、ゴミを含んだ液の層の3層に分離する。中層部の透明な部分を取り出してろ過分離したものが使われる。
  • 蒸留法
静置法で取り出した液をさらに蒸留精製したものである。無色透明に近いものが出来る。

効果・使用法[編集]

竹酢液の効果については現在研究が進められており、消臭や殺菌・防菌・防虫効果などがあるとされる。水虫やアトピーにも効いたという報告もあるが、逆効果だったという報告もある。科学的に検証されていない点もあり、体質も関係するだろうと予測される。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]